Tempus Fugit~光陰矢のごとし~

日々思っていること、興味のあること書き連ねようと思います。

2017/03 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/03 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/03 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/03 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/03 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
v 新着エントリー!
皇室典範改正 名誉ある撤退?  2006/02-10(金)
皇室典範改正見送り示唆  2006/02-08(水)
秋篠宮妃殿下ご懐妊  2006/02-08(水)
在日枠がそもそもおかしい  2006/02-07(火)
日朝国交正常化交渉  2006/02-06(月)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 皇室典範改正案の今国会提出、政府が見送り方針

政府・与党は9日、女性・女系天皇を容認する皇室典範改正案の今国会への提出を見送る方針を固めた。

 秋篠宮妃紀子さまのご懐妊により、男子誕生の可能性があることから、男系男子による伝統的な皇位継承のあり方を現時点で見直すのは適当ではないと判断した。小泉首相は今秋の退陣を明言しており、皇室典範改正問題の扱いは、次の政権にゆだねられることになった。

 小泉首相は9日夕、山崎拓・自民党前副総裁と首相官邸で会談し、〈1〉皇室典範改正案は全会一致か、それに近い状態で成立させる必要がある〈2〉改正案は国会提出したら成立させる必要があり、継続審議は避けるべきだ――との認識で一致した。

 首相は同日、自民党の武部幹事長と会い、「政争の具にすることなく、皆が一致することが望ましい」と述べた。政府筋も「政府として皇室典範改正案の国会提出は見送る方向だ。首相も、国会の混乱を避け、慶事を静かに見守るべきだと判断している」と語った。


 どうやら今国会提出は回避されそうです。
 
 とにもかくにも良かった。

 秋篠宮妃殿下のご懐妊によって、小泉首相も振り上げた拳の落としどころが見つかったと安堵しているのか、それとも今国会での改正が見送られた事を内心忸怩たる思いでいるのか、なんとなく後者のような気もします。

 ご懐妊がなければ、小泉首相はこのまま突っ走っていたかもしれません。それにしても、小泉首相はついていると言って良いのやら・・・。

 また、安倍官房長官に対しても疑問を感じざるを得なくなっていたのですが、取りあえず踏み絵を踏まされることは避けられた訳で、安倍氏にとっても今回のご懐妊が幸いしたと言えます。
 もし、有識者会議の報告書に基づく皇室典範改正の法案が提出されていれば、安倍氏も法案を提出する同じ内閣の一員として責任を負うことになるわけですから。

 皇室典範の問題は次期政権以降に持ち越されることになりますが、現在の皇室典範のままでは秋篠宮妃殿下のお子様が男子であっても、男系による皇位継承が困難になってくることは明白です。皇室典範改正については、秋篠宮妃殿下がお生みになるお子様が男子であれ女子であれ、一旦仕切直した上で、男系による安定的な皇位継承の維持を最優先に検討してもらいたい、そう思います。
スポンサーサイト
 首相、皇室典範改正で今国会提出見送りを示唆

小泉純一郎首相は8日午前の衆院予算委員会で、女性、女系天皇を認める皇室典範改正について「誰もが改正が望ましいという形で成立するのが望ましい。政争の具にしないように慎重に取り組んでいきたい」と述べ、今国会への提出を見送る可能性を示唆した。

 安倍晋三官房長官は同日午前の記者会見で、国会提出時期について「普通の法律と違う。今の時点でいつまでと申し上げることは適切でない」と述べた。

 首相は衆院予算委で「各党、国会で議論する場をつくって冷静に穏やかに議論されるのが望ましい。その結果を見てから判断する問題だ」と強調した。


 昨日の衆議院予算委員会で、秋篠宮妃殿下のご懐妊の知らせを受けたときの小泉首相の表情が皇室に対するスタンスを物語っているかのようでした。
 「せっかく今国会で改正をしようと思ったのに、くそっ!」とでも言っているかのように見えたり、記者会見でも「報告を受けていない」と傲岸不遜な態度であったとのこと。それほどまでに女系に拘る理由は何なのでしょうか。
 
 皇室典範がこのままで良いとは思いませんが、男子誕生の可能性もあるにもかかわらず、皇室典範改正に引き続き意欲を見せていた小泉氏ですが、さすがに今回の慶事を鑑みずに改正を強硬することは、まずいという判断をしたのかもしれません。悔しさがにじみ出ているような感じもしますが・・・。

 皇室典範改正のが見送りが事実であれば、取りあえずは歓迎すべきことですが、皇室典範改正が避けられない事態に違いはありません。男系による皇統維持のための皇室典範改正に理解を得られるよう、引き続き国民世論に皇室の伝統を知って貰う必要があるでしょう。

 小泉首相が本当に総理を辞めるなら、今年の9月まで。小泉内閣での行使典範改正は無くなる可能性が高まってきましたが、油断は禁物です。

 それにしても、秋篠宮妃殿下のご懐妊が事態を大きく変えてしまいましたね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。