Tempus Fugit~光陰矢のごとし~

日々思っていること、興味のあること書き連ねようと思います。

2017/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 寝起き眼でテレビをつけてみると、フジテレビの報道2001が放送されていました。

 各党の代表が勢ぞろいし、各党の政策について訴えていました。
 民主党の岡田代表は相変わらず鼻息が荒く、小泉首相に食って掛かっていましたが、小泉首相は国会での党首討論と同じように、のらりくらりと岡田代表の挑発を聞き流しているようでした。

 番組の中で、靖国参拝についての話題になりました。
 靖国参拝について、小泉首相は「適切に判断する」といい、岡田代表は「参拝はしない。政権を取った暁には中韓を訪問し、靖国参拝をしない旨伝え、関係正常化を図る」といっていました。まぁ、岡田代表ならそのように言うと思っていましたけどね。

 気になった点として、新党日本の田中氏が「A級戦犯を合祀している靖国神社に参拝することはまずい」との見解を示し、それに対して小泉首相はもちろんどの党首も東京裁判で下された判決について何の疑問も持っていないんですよね。
 小泉首相も「靖国にはA級戦犯だけじゃなく、多くの心ならずも戦争で亡くなられた方がいる」という言い方、違うと思うのですが・・・。
 東京裁判がどういった代物だったのか理解しているんでしょうか?分かっていないんでしょうね。
 社民共産はあいも変わらず「侵略戦争」「植民地支配」といつものフレーズを呪文のように唱えていました。

 この程度の歴史認識しかない各党の党首。もう終わっていますね。

 東京裁判史観を真っ向から否定してくれる政治家、政党の出現は果たしてあるのでしょうか?従来の歴史認識を克服しないことには、どのような政策を取ったとしても、この国の再興はないんじゃないの?

 この後のテレビ朝日のサンデープロジェクトを何の気なしに付けていると、岡田代表が「先の戦争を正当化する動きがあるが、そのような考えは断固排除していかないといけない」というような趣旨の話をしていました。まるで言論の自由がない全体主義国家のようですな。
 負けた戦争とはいえ、日本は戦争に対する大義があったんですよ。こいつ一体何考えているんだか。正直消えてほしいくらいですね。

 
スポンサーサイト
 BSディベート

 「日韓の問題 今語りたい」という番組に関連し、上記サイトで
  Q1 日本と韓国 相手の国に対して、親しみを感じますか?感じませんか?
  Q2 日韓の歴史認識の溝にどう向き合うべきだと思いますか?
  Q3 日本と韓国が今後より良い関係を築くためには何が必要だと思いますか?

 という設問があり、特にQ1の問いかけに対する日本側投稿のほとんどが「韓国に対して親しみを感じない」という回答だったことは2週間くらい前から聞き及んでいまして、どのような議論が展開されるのか注目しておりました。
 ただ、これまでNHKの異常なまでの韓国ブームの煽り方からして、真の韓国の姿を知った日本人にとって、ネットでの回答を反映した番組構成になることはないだろうと思っておりました。ですから、管理人の精神衛生に良くないという反面、怖いもの見たさもあり、午後8時くらいから番組をつけました。
 
 一番の関心事は、ネットでの回答結果を番組で取り上げるのかどうかが焦点だと思っていたところ、ようやくネットでの設問の話題になったのですが、何故かその前に内閣府か何かの調査結果をグラフで提示し、韓国に対する好意的な見方をする人が増えているという結果を示した後、ネットでの設問に対する回答結果が示されると思った途端、90%以上が「韓国に対して親しみを感じない」いう数値を一切公表することなく、「親しみを感じないという回答が多く寄せられました」的な話をし始め、2つほどの具体的な回答が読み上げられました。その内容も首を傾げざるを得ない内容で、「こりゃだめだ」と。NHKの意図した方向での番組構成に支障を来すと判断したのでしょうね。だったら、何のためにネットで意見を募るようなことをしたのか、訳分かりません。
 番組前半は日本側の出演者もかなり健闘したようですね。そっちを見たほうが良かったかも知れません。
 しかし、既存メディアが報じる内容とネットにおける言論とがいかに乖離しているか、感じさせられました。ただ、ネットで論じられている内容がどれほど一般大衆に浸透しているのかというとまだまだ、疑問を感じざるを得ないでしょう。
 歯の浮いたような見せかけだけの日韓友好など必要ありません。これこそ偽善と言ってよいでしょう。踏み込んで言うと韓国と友好関係を維持する必要性はないと考えます。

 チャンネル桜
 日本よ、今... 「闘論!倒論!討論!2005」
 テーマ:「これからの日本」
 参加者:
  阿久津博康(岡崎研究所 主任研究員)/ 潮匡人(評論家)
  神保謙(慶應義塾大学 専任講師)/ 豊田直巳(フォト・ジャーナリスト)
  成澤宗男(『週刊金曜日』編集部)/ 綿井健陽(ジャーナリスト)
  濱口和久(民主党島根県第1区総支部代表)

 いつも楽しみにしている番組です。
 中でも一番の電波を発していたのは、豊田直巳さん。
 彼の主張は、アジア諸国が歴史問題を未だに取り上げたり、靖国神社の参拝に反対するのは、日本が強力な軍隊を持っているからだそうです。日本が非武装になれば歴史問題に対するいざこざは一切無くなるのだそうです。シナの軍事拡張や北朝鮮の核・ミサイルの問題についても、日本が一切の軍備を持たなければいいのだと仰っていました。今時こんなこと本気で思っている人がいるとは、天然記念物ものですね。
 あと、日本がアジアの国に軍事的な脅威を与えている一例として、MDを挙げられていました。MDって純粋に防衛的なものなのですが・・・。すばらしい電波を浴びさせてもらいました。
 最後に気になった点は、今回出演した保守論客は潮さん以外、総じておとなしい方ばかりで、歴史問題の専門家というよりは、軍事に関連すう国際情勢に詳しいような方でしたので、靖国などの問題については、司会者の社長の発言が目立ちました。こういう時の司会って難しいですね。
 言わせてもらえれば、管理人の一押しである、遠藤浩一さんに出演してほしかったなぁと感じました。
 
 
  

  

  
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。