Tempus Fugit~光陰矢のごとし~

日々思っていること、興味のあること書き連ねようと思います。

2017/03 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/03 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/03 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/03 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/03 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 「狂った発言」と反発 麻生外相に中国紙 (共同通信)

【北京28日共同】中国各紙は28日、小泉純一郎首相の靖国神社参拝に対する中韓両国の批判について「どうでもいいことは気にしなくていい」と述べた麻生太郎外相の発言を「日本外相がまたも狂った発言」(北京青年報)などの見出しで大きく報じた。

 北京晩報は「麻生外相が『(首相の)靖国参拝に対する中韓両国の批判を顧みる必要はない』とわめき立てている」と反発。北京晨報も同発言を「日本外相の放言だ」と批判した。

 また北京青年報は、麻生外相の過去の発言を列挙した上で「日本の歴代首相も、小泉政権下の閣僚のこうした強硬な態度を批判している」などと反発した。

 韓国、麻生外相の靖国発言を非難

【ソウル=峯岸博】韓国外交通商省は28日、麻生太郎外相が小泉純一郎首相の靖国神社参拝に関連して「靖国の話をするのは中国と韓国だけ」と発言したことについて「強い遺憾の意を表明する」と非難する論評を発表した。「誤った歴史認識に基づいており、靖国神社参拝に対し近隣国や国際社会が示した深い憂慮に耳を傾けない無分別な言動だ」と強調した。



 ★シナや韓国が脊髄反射している元になった麻生発言はこれ。
 「靖国批判は中韓だけ」 麻生外相がけん制

麻生太郎外相は26日午後、金沢市内で講演し、小泉純一郎首相の靖国神社参拝によってアジアで日本が孤立しているとの指摘に対し「靖国の話をするのは世界で中国と韓国だけ。ほかから言われたことはほとんどない」と、中韓両国の批判をけん制した。

 その上で「日本が孤立しているとか、好かれていないとか、どうでもいいことは気にしなくていい」と述べた。

 また麻生氏は「今は(世界各地で)人種、地域、宗教でいろんな争いが起きている。日本は一国家、一文明、一文化圏で、そういう国はあまりない」とも述べた。


 麻生外相、飛ばしてますね。GJ連発です。
 早速シナ韓国からの想像通りのリアクションなわけですが、日本に相手にしてもらえずにさぞかし寂しがっているのではないでしょうか?

 シナや韓国の日本に対する靖国参拝に関する介入は世界基準で見れば、内政干渉の何ものでもなく、国際社会上も受け入れられないことは明白です。
 
 「狂った発言」とか「放言」などという言葉はそっくりそのままお返しします。シナや韓国が日本に対して行っている靖国参拝に関する内政干渉自体が「狂った事」であり「方言」であることは自明だからです。
 
 それにしても、こんな馬鹿な国が近隣に存在していることは日本にとって不幸以外の何者でもありませんし、特定アジアが日本に対して行っていることは国際社会から見ても異常としか言いようがありません。よってこのような不当な内政干渉に対しては、麻生発言同様に放っておけばいいのです。靖国参拝の意義を理解できない国に阿ることよりも、理解してもらえる国との関係を密接にしていくことの方が必要でしょう。

 変に馬鹿な国に対する配慮は必要なし。無視を決め込み粛々と参拝すべきでしょう。 
スポンサーサイト
作業部会・行程表、合意至らず 6カ国協議休会

北朝鮮核問題をめぐる第5回6カ国協議は11日、北京の釣魚台迎賓館で全体会議を開き、議長国中国の武大偉外務次官が「朝鮮半島の検証可能な非核化」の早期実現に向け、前回協議の共同声明履行を再確認した議長声明を発表、休会した。

 懸案別の作業部会設置や北朝鮮の核放棄に向けたロードマップ(行程表)が焦点だったが、合意に至らず、具体的には盛り込まれなかった。

 各国は協議の早期再開で合意したが、具体的日程は明記されなかった。中国は12月中の再開を目指しているが、米首席代表のヒル国務次官補と韓国首席代表の宋旻淳(ソン・ミンスン)外交通商次官補は休会後、12月再開は難しいとの見通しを示した。

 3日間の協議で、北朝鮮が軽水炉提供を条件とした段階的核放棄を提案したものの、日米両国があくまでも北朝鮮の核放棄が先決として強く批判、難航した。ヒル次官補は11日、北朝鮮側がウラン濃縮型核開発計画について今回の協議でも認めなかったことを示唆した。

 議長声明は5項目から成り、朝鮮半島非核化に向け「『約束対約束』『行動対行動』の原則に基づく共同声明の完全履行を確認した」と強調。「各国が信頼醸成を通じて共同声明を包括的に履行し、さまざまな分野のすべての約束を実施」するとし「共に勝者となる結果を達成する用意がある」とした。


 予想通り実質的には何も進展がなかった今回の6カ国協議でした。

 議論が具体化してくるのはいつのことなのでしょうか。この協議によって本当に北朝鮮が核の放棄・廃棄に応じるか未だに信じられません。次回協議の開催日程も未定とのこと。
 「共に勝者となる結果を達成する用意がある」との共同声明の文言を見ると、いかにも共産党が用いる言辞ですなぁ。

 議長役シナの自画自賛もいい加減にしてもらいたいものです。

 6者協議、日朝の対話姿勢鮮明に 米朝の「橋渡し役」も

北朝鮮の核問題をめぐる第5回6者協議は休会に入ったが、今回の協議では、核問題で溝が埋まらない米朝間の橋渡し役を日本が務める場面もあるなど、これまでより日朝の対話姿勢が目立った。協議直前に日朝政府間交渉が実現し、拉致や「過去の清算」問題などを含め、対話継続で合意したことが背景にある。一つの問題の進展次第で日朝間のパイプが詰まることがないよう、分野を分けた協議方式の提案がひとまず奏功した格好だ。

           省  略

 10日も、日朝が釣魚台国賓館で約1時間会談。北朝鮮が、米国による金融制裁に反発を強めていたことから、日本側は会談後すぐに米国大使館に向かい、米朝間の意見調整に努めた。

 こうした立ち振る舞いが出来たのは、11月初めに1年ぶりに日朝政府間交渉が実現し、進展はなかったものの拉致問題で突っ込んだやりとりをしていたからだ。

           省  略

 日本側は、6者協議では、北朝鮮の核廃棄に向けて(1)核廃棄・検証(2)経済・エネルギー支援(3)2国間関係・地域の安全保障――の3分野を包括的に実施する「行程表(ロードマップ)」づくりを提案するなどした。

           省  略


 日朝交渉の再開により、日本政府の北朝鮮に対する姿勢が前のめりになっているような感じがしますね。
 朝日は日朝交渉の再開によって日本が6カ国協議でも一定の役割を果たせるかのような誤解を与えていますが、それは朝日の誤解でしょう。東アジアで軍事的な影響力を持たない日本である以上、実質この協議では蚊帳の外であり、プレイヤーですらないと考えます。

 日本政府が6カ国協議でイニシアチブを握り、北朝鮮の核廃棄に向けた「行程表(ロードマップ)」づくりを提案したなどと肯定的な記事を載せていますが、これって韓国政府が辿った道とすごく似てないですかね。韓国が米朝の仲介役を果たすと言っていたように・・・。


 「米朝の橋渡し役」と言いながら、実質的には北朝鮮の代弁役とならないように注意が必要でしょう。

 対話姿勢を優先するあまり、核廃棄・拉致問題解決の原則や本質を見失ってはいけません。

 北朝鮮との対話重視の朝日論調に惑わされてはいけません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。