Tempus Fugit~光陰矢のごとし~

日々思っていること、興味のあること書き連ねようと思います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 韓国議員数十人も提訴へ 愛媛のつくる会教科書選択

愛媛県教委が扶桑社版の歴史教科書を採択したことで「侵略を美化・合理化し、再び加害行為を与えるのではないかという恐怖感と精神的苦痛を与えた」などとして、国会議員を含む韓国人と中国人ら計200人以上が加戸守行知事らを相手取り、損害賠償を求めて30日、松山地裁に提訴することを、支援するグループが24日、明らかにした。

 参加する国会議員は数十人で、うち8人が提訴日に来日する予定。知事と教育長への面談を求めている。

 歴史教科書の採択をめぐっては、同グループや別の韓国人らが原告となって採択の無効確認などを求め、訴訟を起こしているが、裁判所は韓国人原告に1人5万円の供託金支払いを命じ、原告側は拒否。実質審理に入っていない。また、同県の現職教員ら2人も同様の訴訟を起こしている。


 これって、反日日本人が韓国人とシナ人を適当に集めてきて、原告に仕立て上げてるんじゃないですか。扶桑社の歴史教科書を愛媛県が採択したことのどこに「侵略を美化・合理化し、再び加害行為を与えるのではないかという恐怖感と精神的苦痛を与えた」のか、具体的に立証してくださいな。教科書採択と嘘くさい精神的苦痛には何の因果関係もないと思いますよ。
 ところで、扶桑社の歴史教科書って、ハングル版や中国語版あるんですかね?まぁ、彼らのことなので、この教科書を客観的に見ることは不可能でしょうが、ハングル版や中国語版を作ることは無意味じゃないと思います。(反日日本人が全く違った内容に訳してるかもしれませんね(笑))扶桑社の歴史教科書に恐怖を与えたり、精神的苦痛を与えるような記述ってどこにあるんですかね。
 教科書採択に際して、教育委員などへ脅迫紛いの圧力を掛け、扶桑社の歴史教科書採択を妨害していたのは、このような裁判を仕掛けている反日日本人じゃなかったでしたっけ?
 この方達は教科書採択に関しては、外国人であり全く利害関係がないのだから、裁判所は訴えを棄却するでしょうがね。
 これって靖国神社訴訟と全く同じパターンですから、裁判所も相手にしないでほしいものです。(裁判官にも左翼かぶれがいますから困りものですが)
 今年は教科書採択の年ですから、反日日本人が韓国やシナとタッグを組み、扶桑社の歴史教科書を採択させまいと、あらん限りの工作を仕掛けてくるでしょう。前回と同じような結果、になるのでしょうか?いや、させてはなりません。
 最後に、お気に召すままさんのサイトも参照下さい。
 
スポンサーサイト
 今夜、イランの首都テヘランで現地時間午後6時5分(日本時間午後10時35分)にワールドカップドイツ大会アジア最終予選の第2戦の日本対イランが行われます。
 思い出すと、93年のワールドカップアメリカ大会のアジア最終予選では、第2戦目にイランと対戦し、アリ・ダエイの得点などで2-1で敗戦しました。また、97年のワールドカップフランス大会アジア最終予選では、あの伝説のジョホールバルでイランと3位決定戦を行い、延長戦の末3-2で勝利し、ワールドカップ本大会への切符を手にしました。
 今のところ、初戦に勝利したからなのか、97年の時ほどの痺れるような感覚にはならないですが、予選は独特の雰囲気がありますね。
 今日は間違いなく攻め込まれるシーンが多くなると思いますが、ラインを下げすぎず、一発のカウンターで少ない得点チャンスを逃さずに、点を入れて欲しいものです。
 勝てるに越したことはありませんが、多くは望みません。したたかに引き分けに持ち込めれば、上等でしょう。
 がんばれ日本!!
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。