Tempus Fugit~光陰矢のごとし~

日々思っていること、興味のあること書き連ねようと思います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 毎年繰り返される卒業式での問題ですが

 君が代不起立で52人処分 都教委

東京都教育委員会は31日、3月に行われた都立高校や養護学校、公立小中学校の卒業式で、校長の職務命令に従わず、君が代斉唱時に起立しなかったとして教職員14人を減給、38人を戒告の懲戒処分とした。

 都教委によると、減給14人のうち4人は、昨春の卒業式、入学式に続く3回目の命令違反者らで、減給10分の1、6カ月。残る10人は2回目で減給10分の1、1カ月。戒告の38人は今回初めて起立しなかった。


 いつまでこんなこと続けるのでしょうか。この問題、恒例行事化していますね。
 生徒に社会的なルールを身につけさせることも、教師の大きな役割だと思いますが、厳粛なセレモニーである卒業式において、校長からの職務命令に違反し、教師自身が自らの思想信条を優先させる有様を見ると、こんな教師に教われば、個人のエゴ丸出しの子供が出来上がっていくのは当然でしょう。教師としての示しがつくのでしょうかね。とても生徒を指導する資格などないと言わざるを得ませんな。
 そんなに命令に従うのが嫌なら、だれにも束縛されない職場を選んだほうがいいですよ。もっとやりがいのある仕事がこの教師にはあるんではないですか。でも背に腹は変えられないということですか・・・。

 以前にエントリーしていましたが
 教科書採択取り消し訴訟 議論尽くさず結審
 

県教委が「新しい歴史教科書をつくる会」主導の扶桑社版歴史教科書を県立中高一貫校などで採択したのは、加戸守行知事の発言が影響しており、政治介入を禁じた教育基本法に反するとして、県内の市民グループらが加戸知事や県教委などを相手に採択取り消しなどを求めた訴訟の口頭弁論が30日、松山地裁であった。沢野芳夫裁判長は判決期日を決めず審理の終結を告げ、双方の主張が明確にならないまま結審した。原告側は「実質的審理をしていない」と反発、判決までに裁判官3人の忌避を申し立てる方針。
 原告側が忌避申し立てをすると、決定が出るまで同裁判は停止する。
 この日は、原告側が裁判のテープ録音を申し入れたが、沢野裁判長は「必要性がない」と拒否。原告から「合理的な説明をすべきだ」と求める意見が相次ぐ中、約30分で閉廷した。


 裁判所が判断するに値しないということです。妥当な結果じゃないですか。こんなくだらないことに付き合わされる裁判官も気の毒ですな。
 原告は本気で裁判に勝とうなどどは思っていないでしょう。扶桑社の教科書に対して、問題提起のための話題つくりをする中で、扶桑社の教科書をイメージダウンさせ、自分達にとって都合の良い教科書採択を目指しているのは明らかです。
 このような妨害工作をどれだけ撥ね付けられるか、日本人の真価が問われています。
  
 
スポンサーサイト
 この粘着質ストーカーなんとかなりませんか

韓国が「歴史企画団」発足へ…竹島問題などに対処

【ソウル=浅野好春】韓国大統領府報道官は30日、日本の竹島(韓国名・独島)、歴史教科書などの問題に対処する「北東アジアの平和のための正しい歴史確立企画団(略称・正しい歴史企画団)」を4月中に発足させると発表した。

 官民合同で、日本の自治体、市民団体などに対し、竹島領有権主張の撤回や「新しい歴史教科書をつくる会」による中学歴史教科書(扶桑社)の採択阻止を働き掛けていく方針と見られ、日本側の反発を招くのは必至だ。


 内政干渉してるなんて、露ほども思っていないのでしょうな。
捏造で出来上がった韓国の真の姿を日本人に知られるとまずいと思っているのでしょうか。市井の韓国人は国家によって捏造された自国の歴史を本当の歴史だと思いこんでいるでしょううから、そんなことまで考えていないでしょうけどね。
 こういった動きに呼応するというか、逆に韓国を煽る反日日本人がいますから、反日日本人と韓国人が共鳴しあって、今後色々な策謀を仕掛けてくるのでしょう。

 そう思っていると
 歴史どう教わっている? 竹島問題で意見聞かせて 韓国国営放送

愛媛の中学生に強引取材

 中学校の歴史教科書の検定・採択に関連し、韓国国営放送(KBS)のテレビ取材クルーが、扶桑社の歴史教科書を採用した愛媛の県立中学校の生徒数人に、「どう歴史を教わっているのか」「竹島問題をどう考えているか」などの質問に答えさせていたことが三十日、分かった。教科書や竹島をめぐって日韓関係が微妙な時期にあるだけに、関係者らの間では戸惑いも広がっている。


 学校関係者によると、KBSの取材クルーは二十五日午前、同県今治市の今治東中学校の校門付近で、学校側に無断で生徒らに取材。教員が学校側に断るよう求めると、「近くに宿泊したついでに聞いただけ」などと答えて立ち去った。松山市の松山西中学校でも同日午後、「韓国のテレビ局」を名乗る取材クルーによる同様の無断取材があり、教員に「放送はしない」と言い残して去ったという。


 こいつら何がしたいのでしょうか。中学生に「どう歴史を教わっているのか」「竹島問題をどう考えているか」とう質問をしてどう答えさせたかったのですかね。未成年の中学生に対して、韓国のテレビ局が政治的な質問をするとは、日本のマスゴミ以上に韓国のメディアも悪質な事やるもんですな。
 そんなに韓国の捏造された歴史認識を日本に押しつけたいんですかね。韓国の歴史認識を一切の批判なく日本が受け入れなければならないいわれはないはずですが。
 もうつきまとうの止めてくれませんかね。おたくの国と共通の歴史認識を持つなんて、絶対にあり得ないですから。
 60年前は同じ国民でしたが、別の国同士なんですよ。それとも今も朝鮮半島は日本だと思っているのではないでしょうね。(笑)お願いですから、勘弁してくださいな。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。