Tempus Fugit~光陰矢のごとし~

日々思っていること、興味のあること書き連ねようと思います。

2005/04 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2005/04 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2005/04 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2005/04 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2005/04 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 朝鮮総連関連施設に対する税の減免措置について

 「公益性ある」朝鮮会館の税減免認める 救う会請求を棄却
 

熊本市にある在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の関連施設「熊本朝鮮会館」が、固定資産税などを一部免除されているのは違法として、北朝鮮による拉致被害者を支援する「救う会熊本」のメンバーが、幸山政史熊本市長を相手に減免措置取り消しと免除分の支払いを求めた訴訟の判決が21日、熊本地裁であり、永松健幹裁判長は救う会側の請求を棄却した。

 永松裁判長は「朝鮮会館には公益性がある」と述べた。

 朝鮮総連関連施設の税減免をめぐる初の司法判断。自治体の対応は課税、減免と割れており、各地で監査請求や朝鮮会館側が原告となった訴訟がある。

 判決理由で永松裁判長は「利用者の多くが在日朝鮮人だとしても、他の公民館類似施設と同様に教養の向上や社会福祉の増進のために使われている」と指摘。さらに「特定の政党の利害に関する事業が行われたり、営利行為、違法行為が行われている証拠はない」と判断した。


 これまでは朝鮮総連の関連施設に対しては、固定資産税等が公益性を理由に減免されていたそうですが、金正日が拉致を認めて以降、これらの施設に対して、課税をする地方自治体が増加傾向にありましたが、今回、司法が朝鮮総連関連施設に対する公益性を認めた初めてのケースということで、今後の地方自治体の取り組みに影響を与える可能性がありそうです。。
 訴状や判決文を見ていないため、はっきりとは分りませんが、裁判長は「利用者の多くが在日朝鮮人だとしても、他の公民館類似施設と同様に教養の向上や社会福祉の増進のために使われている」とか「特定の政党の利害に関する事業が行われたり、営利行為、違法行為が行われている証拠はない」という理由から、原告の訴えを棄却しています。
 在日朝鮮人に対する公益性はあるのかもしれませんが、日本人にとっての公益性ってあるんですか。朝鮮総連の施設に入ったり、利用する日本人ってまずいないと思いますが、日本人が普通に公民館や市民施設を利用できるように、「朝鮮会館」の利用も申込すれば、日本人も等しく利用ができるのでしょうか?
 在日朝鮮人の教養の向上といっても、金正日の礼賛とかしているのが関の山でしょ。国家犯罪やテロに結びつくような教養なんじゃないですか。日本人にとっては危険極まりないです。
 朝鮮総連自体の存在が北朝鮮のスパイ機関であり、日本人の拉致にも大きく関わっている疑いがあり、そもそも在日朝鮮人に対する権利向上を目的にしているのでしょうから、どうやって公益性を見いだせるのか我々日本人にとっては疑問です。
 個人的には朝鮮総連に対して破防法の適用を求めます。日本国内にあのような北朝鮮の謀略機関が存在すること自体考えられません。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。