Tempus Fugit~光陰矢のごとし~

日々思っていること、興味のあること書き連ねようと思います。

2005/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2005/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2005/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2005/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2005/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ついにこのような記事が

 北朝鮮、6月にも核実験 IAEAが非公式伝達

 「北の核実験準備情報ない」 デトラニ大使

 核実験の準備 本格化か 北朝鮮

 北朝鮮の核実験については情報が錯綜しているようですが、衛星写真にどのように写っているのか、確かめたいところです。北が本気で実験をしようとしているのか分かりませんが、衛星写真に写ることを見込んで、偽装工作をしてるのかもしれませんし。 もし、本当に核実験が成功した場合、日本政府はどのような対応を取るのでしょうか。手をこまねいて、日朝平壌宣言は有効だとか言わないでしょうね。

 アメリカはオペレーションを策定済みのようです

 米、北の核実験阻止へ先制空爆立案
 

米NBCテレビは6日、北朝鮮が準備していると伝えられる核実験を阻止するため、米軍が実験場など核施設への「先制空爆」を行う緊急作戦計画を既に立案していると報じた。

 NBCによると、国防総省は昨年9月以来、グアムとインド洋のディエゴガルシアに駐留するレーダーに捕捉されにくいB2ステルス爆撃機と、F15戦闘機を「警戒態勢」に置き、核施設「除去」の緊急作戦計画が発動されれば、いつでも北朝鮮空爆を実施できる状態にしている。

 しかし、韓国などは軍事作戦に強く反対している。米軍は、北朝鮮が核実験を行った場合には、北朝鮮有事に備えた「作戦計画5029」について、実験直後に北朝鮮攻撃を可能にする内容に更新することを求めているが、韓国側が激しく抵抗しているという。(共同)


 もし一連の報道通り事が進めば、北朝鮮情勢は抜き差しなら無い情勢になり、北とアメリカの軍事衝突になるでしょう。六カ国協議など吹っ飛んでしまい、国連安保理などという悠長なことを言っていられる状況ではなくなります。
 93年の朝鮮半島が緊迫した際、アメリカの軍事オペレーションも取りざたされ、日本も朝鮮半島有事を受けて、国内の危機管理マニュアルを策定する動きが日本政府にもあったようですが、米朝核合意により差し迫った危機が回避されたため、危機管理マニュアルの具体的な作成にまでは至らなかったはずです。
 日本にも有事関連の法律ができ、危機管理に対する法整備も整ってきていますが、朝鮮半島有事の際の具体的な危機管理マニュアルはその後どうなっているのでしょうかね。無為無策のまま時間だけが経過しているように思えてなりません。
 米朝合意があったにもかかわらず、北は核開発を続けていたわけで、事態は93年以上に深刻化しています。もし軍事的な衝突に発展すれば、日本だけが対岸の火事だと決め込むことは出来ないでしょう。
 日本国内が大混乱にならないか心配です。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。