Tempus Fugit~光陰矢のごとし~

日々思っていること、興味のあること書き連ねようと思います。

2005/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2005/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2005/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2005/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2005/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 意味のあるものなのか
 
 南北次官級会談、2日間の日程で始まる

韓国と北朝鮮による南北次官級会談が16日午前、北朝鮮南部の開城(ケソン)で2日間の日程で始まった。

 韓国側は2004年5月以降、途絶えている南北閣僚級会談の再開などを求めるとともに、北朝鮮の核問題を巡る6か国協議への早期復帰を迫る方針だが、北朝鮮の出方が注目される。


 北に主導権を握られてた会談としか思えないです。結局韓国は核問題について「北を刺激しない」という観点から、明確な意思表示をせず、北の利益にしかならない会談となる公算が高いのではないでしょうか。
 北は原子炉の使用済み核燃料棒を取り出し、核兵器の増産を表明して強行な印象を与える一方、韓国との協議には応じ、日米韓の足並みを乱そうというこれまでの常套手段を取っているに過ぎません。まぁ、日米韓といっても最近の韓国を見ると、とてもアメリカが同盟国だとは思えない実態ですが。
 6カ国協議や核問題にはなんら寄与しない会談になるんじゃないですか。

 北の6か国復帰拒否巡る「選択肢」、米韓になお隔たり
 

北朝鮮が6か国協議復帰を拒否し続けた場合に米国などが検討している「別の選択肢」について突っ込んだやり取りが行われたが、米韓の隔たりはなお埋まらなかった。

 ヒル次官補は、この日始まった南北次官級協議に絡んで、20万トン規模の提供を想定している韓国の「人道的肥料支援」方針に理解を示した。ただ、米国はこれを超える分量の支援は不要との立場と見られ、今後、韓国側との調整が難航する可能性がある。

 6か国協議に関しては、ヒル次官補は「米国は再開に全力を尽くすが、このことが『別の選択肢』に進まないことを意味するものではない」と、韓国も選択肢の検討作業に加わるよう改めて要求。関係筋によると、米国は、国連安全保障理事会での核問題協議の容認をはじめ、大量破壊兵器拡散阻止構想(PSI)への参加、麻薬取引や偽米ドル札流通など違法行為の取り締まり強化を韓国側に求めている。

 これに対し韓国側は、違法行為取り締まりの必要性には賛同しながらも、安保理協議移行やPSI参加は「北朝鮮を不必要に刺激する」として強い圧力行使には難色を示した模様だ。消息筋によれば、米国は、日本がこれらを受け入れているにもかかわらず、韓国がなお拒否反応を示すため、「日米韓の連携が保てない」との危機感を強めているという。


 もはや日米韓の連携など有名無実としか思えません。北の核問題に対して韓国が憂慮しているとは思えないですね。本音でいうと北がアメリカや国際社会を敵に回しても核開発をしていることについて、民族的同胞意識からなのか、シンパシーを感じているように思われます。「まさか同胞に核ミサイルを発射する」とは考えていないからかもしれませんし。
 もし、北が核実験を実行した場合も、北朝鮮を擁護する姿勢を韓国が取る可能性もあるでしょう。そうなれば、韓国とアメリカとの同盟関係が崩壊することは必至です。アメリカは韓国が北朝鮮に飲み込まれた場合の事態も想定済みだとは思いますけど。
 わが日本もいつまでも韓国を同じ自由で民主的な国家であるとして、友好第一という姿勢を改めるべきだと思います。ある意味敵国ですよ韓国は。

 北が6か国復帰なら重要提案…韓国、南北次官級会談で
 

北朝鮮・開城(ケソン)で16日始まった韓国と北朝鮮による南北次官級会談で、韓国側は、核問題を巡る6か国協議に北朝鮮が復帰すれば、「実質的な進展のための重要な提案」を行う用意があるとして早期復帰を促した。

 ただ、韓国側は「重要な提案」の具体的内容を北朝鮮側にも明かしておらず、北朝鮮が復帰に応じる可能性は少ないと見られる。同行の韓国記者団によると、この日は1回目の全体会議と首席代表間の協議を行った。

 韓国側は、北朝鮮が核保有宣言を行い、寧辺(ヨンビョン)の実験用原子炉から使用済み核燃料棒の取り出し作業を終えたと表明したことについて、1991年に合意した「朝鮮半島の非核化に関する共同宣言」に反すると批判。韓国側は、提案の内容について記者団に「関連国との協議を終えてから明らかにする」とした。会談で北朝鮮は、韓国側の話を聞いていただけで、特別な反応はなかったという。


 何をするにしても見返りなしには動こうとしない国家というか犯罪集団ですね、北朝鮮は。これまでの北朝鮮との交渉でもつねに同じ手法が取られてきました。今までのやり方が北朝鮮に誤ったメッセージを与えてきたことは間違いありません。日本の米支援も同じくです。飴を与えてもそれに対する見返りは交渉の相手国にはほとんどありませんでした。
 いまだに韓国も「重要な提案」などと北の関心を買おうとしているようですが、まさかその提案に日本を巻き込むことはないでしょうね。6カ国協議への参加に対して見返り与えるべきではありません。無条件での協議参加が前提だったのでは・・・。
 韓国が「馬鹿な提案」をしないことを希望します。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。