Tempus Fugit~光陰矢のごとし~

日々思っていること、興味のあること書き連ねようと思います。

2005/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2005/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2005/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2005/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2005/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  
 
 奥田経団連会長「A級戦犯の分祀検討を」
 分祀をしたとしても、靖国神社に祀られている所謂A級戦犯と言われる方の御霊がなくなるわけでもないのに。それと、国家が一宗教法人に過ぎない靖国神社に対し、分祀を求めることはこれこそ憲法違反なのですが・・・。このお方、公の場で発言するにはあまりにもお粗末過ぎますね。本当に勉強不足なのか、知っていて金儲けのためにこのような発言をしているのか、後者なら尚のこと許せないです。
 
 公明、首相に靖国参拝自粛を要求 日中関係の改善促す
 この宗教政党の対応は大体予想がつきますね。幹事長が有難くコキントウ等からの忠告をなんの反論もせずに拝聴していましたから、このように言うのも当たり前でしょう。
 この政党は教祖に帰依しているだけですから、日本という国に対する国家意識というものは持ち合わせていない輩ばかりなんでしょう。もはや救いようがないとはこの事ですね。そこまで日中友好を重視する目的は別のところにあるのでは?

 「A級戦犯はもう罪人でない」自民代議士会で森岡政務官
 

森岡正宏厚生労働政務官は26日の自民党代議士会で、小泉首相の靖国神社参拝を「大変良いことだ」と支持する考えを示したうえで、「極東国際軍事裁判は、平和や人道に対する罪を勝手に占領軍が作った一方的な裁判だ。A級戦犯の遺族には年金をもらっていただいており、日本国内ではその人たち(A級戦犯)はもう罪人ではない」と述べた。この発言に対し、政府は「個人の見解」(細田官房長官)として、森岡氏から事情を聴くなどはしない方針だ。

 森岡氏は「中国に気遣いして、A級戦犯がいかにも悪い存在だという処理のされ方をしているのは残念だ。日中、日韓関係が大事というだけで、靖国神社にA級戦犯がまつられているのは悪いがごとく言う。こういう片づけ方をするのは後世に禍根を残す」とも指摘した。

 小泉首相は26日、森岡氏の発言について、記者団に「聞いてませんけどね。今そんな発言を取り上げても、しょうがないんじゃないですか」と語った。A級戦犯の責任については「戦争裁判で済んでいるじゃないですか」との認識を示した。

 細田長官は同日の記者会見で、「事実関係は種々誤りが含まれており、論評する必要はない。極東軍事裁判などは政府として受け入れている。政府の一員として話したということでは到底ありえない」と述べた。


 政治家からこのような発言を聞いたのは初めてでした。至極当たり前な内容であるにも関わらず、こういった議論が自由に出来ない現状がこの国にはあります。
 まさにGHQのWGIPが日本人に刷り込まれている証拠ではないでしょうか。それにしても、小泉首相はこの発言を受けて、「聞いてませんけどね。今そんな発言を取り上げても、しょうがないんじゃないですか」とか、A級戦犯の責任については「戦争裁判で済んでいるじゃないですか」等と発言している内容を見ると、予想はしていましたが、小泉首相も東京裁判史観をそのまま無批判に受け入れています。これが小泉首相の限界なのだろうかと思ってしまいましたね。
 また、細田長官の「事実関係は種々誤りが含まれており、論評する必要はない。極東軍事裁判などは政府として受け入れている。」という発言を見るにつけ、政府がこのような見解を持ち続ける以上、GHQやシナ、韓国等のプロパガンダによって植えつけられている大東亜戦争に対する評価を覆し、日本が主体性を取り戻すことは永久に不可能なのではないかと暗澹たる気持ちになります。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。