Tempus Fugit~光陰矢のごとし~

日々思っていること、興味のあること書き連ねようと思います。

2005/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2005/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2005/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2005/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2005/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 寝起き眼でテレビをつけてみると、フジテレビの報道2001が放送されていました。

 各党の代表が勢ぞろいし、各党の政策について訴えていました。
 民主党の岡田代表は相変わらず鼻息が荒く、小泉首相に食って掛かっていましたが、小泉首相は国会での党首討論と同じように、のらりくらりと岡田代表の挑発を聞き流しているようでした。

 番組の中で、靖国参拝についての話題になりました。
 靖国参拝について、小泉首相は「適切に判断する」といい、岡田代表は「参拝はしない。政権を取った暁には中韓を訪問し、靖国参拝をしない旨伝え、関係正常化を図る」といっていました。まぁ、岡田代表ならそのように言うと思っていましたけどね。

 気になった点として、新党日本の田中氏が「A級戦犯を合祀している靖国神社に参拝することはまずい」との見解を示し、それに対して小泉首相はもちろんどの党首も東京裁判で下された判決について何の疑問も持っていないんですよね。
 小泉首相も「靖国にはA級戦犯だけじゃなく、多くの心ならずも戦争で亡くなられた方がいる」という言い方、違うと思うのですが・・・。
 東京裁判がどういった代物だったのか理解しているんでしょうか?分かっていないんでしょうね。
 社民共産はあいも変わらず「侵略戦争」「植民地支配」といつものフレーズを呪文のように唱えていました。

 この程度の歴史認識しかない各党の党首。もう終わっていますね。

 東京裁判史観を真っ向から否定してくれる政治家、政党の出現は果たしてあるのでしょうか?従来の歴史認識を克服しないことには、どのような政策を取ったとしても、この国の再興はないんじゃないの?

 この後のテレビ朝日のサンデープロジェクトを何の気なしに付けていると、岡田代表が「先の戦争を正当化する動きがあるが、そのような考えは断固排除していかないといけない」というような趣旨の話をしていました。まるで言論の自由がない全体主義国家のようですな。
 負けた戦争とはいえ、日本は戦争に対する大義があったんですよ。こいつ一体何考えているんだか。正直消えてほしいくらいですね。

 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。