Tempus Fugit~光陰矢のごとし~

日々思っていること、興味のあること書き連ねようと思います。

2005/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2005/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2005/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2005/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2005/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 政権公約を見てみました。

 自民党

107. 中国・韓国など近隣諸国との関係の改善強化とアジア「共同体」構想の推進
北朝鮮問題の解決。中国・韓国等との未来志向型の連携を強化し、アジアにおける「共同体」の構築を推進する。


 民主党
アジア地域における相互協力と信頼醸成をすすめ、FTA・EPA(経済連携協定)の締結を推進し、農業分野などの貿易面のみならず、人の移動の自由化、エネルギー、環境、教育、保健、犯罪対策など、さまざまな分野でアジア各国・地域との連携と協力を強化します。アジア地域を不戦地域とすることを各国共通の目標とすることをめざすとともに、将来的にはアジア・太平洋を含む姿に拡大・発展させることを展望します。
外交・通商政策における縦割り省庁体制を改め、強い政治的リーダーシップの下で、アジア諸国との経済協調を推進します。


 自民党と民主党のみ引用しました。民主党は勿論のこと、自民党でさえも「東アジア共同体」構想の実現を目指すという公約を掲げています。
 昨今の東アジアを取り巻く情勢に対する危機感はこれっぽちもありませんね。「東アジア共同体」構想を推し進めようとしているシナの意図が全く分かっていないのか・・・。ついには中曽根御大までも同調するような動きがありますし。

 構成国間の経済水準や政治体制や価値観、文化的宗教的背景も全く違い、安全保障上の利害が衝突しているケースもある中で、EUのような域内での自由な人・もの・サービスの行き来が可能だとは思わないし、ましてや多国間の安全保障の枠組みが構築できるわけも、構築できたとしても機能するわけはありません。

 シナは「東アジア共同体」と通してアジアの覇権を目指しているのだろうし、それにおいそれと乗っかろうとしている日本という国家はあまりにもナイーブではないでしょうか。
 日本として、この構想にコミットしていくことは大きな危険が孕んでいるとしか思えないです。むしろ日本の国益を損なう事のほうが多いでしょう。
 
 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。