Tempus Fugit~光陰矢のごとし~

日々思っていること、興味のあること書き連ねようと思います。

2005/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2005/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2005/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2005/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2005/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【柔道】泉が悲願の金!!アテネ銀の悔しさ晴らした

世界柔道選手権第2日(9日、カイロ)男子90キロ級でアテネ五輪銀メダリストの泉浩(23)=旭化成=が優勝した。100キロ級の鈴木桂治(平成管財)に続き2つ目の金メダル。女子63キロ級アテネ五輪金メダルの谷本歩実(24)=コマツ=は銀、男子81キロ級の小野卓志(25)=了徳寺学園職=は敗者復活戦から勝ち上がり、銅メダルを獲得。女子70キロ級で大会3連覇を狙ったアテネ五輪金メダリスト、上野雅恵(26)=三井住友海上=はメダルなしに終わり、引退する可能性が浮上した。日本勢のメダルは計7個となった。


 泉選手、金メダルおめでとうございます。

 それにしても許せなかったのが、3回戦の相手だった韓国の黄禧太(ファン・ヒーテとかいう名前だったような・・・ハングル読みなどどうでもいいですが。)

3回戦の黄禧太(韓国)では、相手がわき固めを仕掛け、体を捨てる反則行為。反則勝ちとなったが、右ひじのじん帯が音を立てて、切れた。それでも、闘志はなえなかった。斉藤仁監督(44)は「ブチっと切れたらしいが、気持ちは切れていなかった」。右腕を負傷していながら外国人と真っ向勝負。まさに泉の真骨頂だ。


 黄という韓国選手、柔道の試合ということを認識しているのでしょうか。腕力があってどうのこうの、テレビの実況は伝えていましたが、見ていると無茶苦茶の一言。ありゃ柔道とは似ても似つかないものに見えましたね。
 とどめは泉選手の腕を取ってのわき固め。自分の全体重を預け、審判のストップの声も無視して、思いっきり技を決めていました。

 一見して、泉選手の腕折れたんじゃないかと思いましたよ。それまでは、黄がポイントでリードしていましたので、泉選手もピンチだったのですが、わき固めが反則行為で黄の反則負け。

 その後、泉選手が握手を求めたところそれを拒否して火病。どうしようもないですな。スポーツマンシップの欠片もなし。テレビ見てて非常に不快に感じました。

 どの競技を見ても同じような光景を目にするように感じるのは私だけでしょうか。朝鮮人の民族性なのか・・。理解に苦しみます。

 それにしてもお見事金メダル、泉選手。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。