Tempus Fugit~光陰矢のごとし~

日々思っていること、興味のあること書き連ねようと思います。

2005/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2005/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2005/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2005/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2005/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 官房長官に安倍氏 麻生外務、竹中総務 小泉改造内閣

第3次小泉改造内閣が31日夜、発足した。小泉純一郎首相は、内閣の要の官房長官に初入閣となる安倍晋三自民党幹事長代理を起用。谷垣禎一財務相は留任、麻生太郎総務相を外相に横滑りさせた。改革全般に目配りする経済財政担当相は竹中平蔵氏から与謝野馨自民党政調会長に交代、竹中氏も総務相として閣内に残し「ポスト小泉」候補を要所に配した。先の衆院選で初当選した猪口邦子前ジュネーブ軍縮大使を少子化・男女共同参画担当相に抜てきした。自民党役員人事では武部勤幹事長が留任、政府と党の新体制で「小泉構造改革」の総仕上げを目指す。


 第3次小泉改造内閣が発足しました。
 次期総理と目されていた4名(安倍、麻生、谷垣、福田)の内、福田氏を除く3名が入閣。
 中でも安倍氏は官房長官に任命されました。安倍氏は確固たる国家観を持った人物であり、国際情勢の認識も共有できる部分が多く、今年初めの朝日新聞による安倍・中川降ろしにも怯むことなく、堂々と自らの正当性を主張する姿を見ると、独立国家として当たり前の事を言える官房長官として、内閣のスポークスマン役を果たして貰いたい、そう思います。

 また、安倍氏は拉致問題にも当初より取り組んでおり、拉致被害者火極の信頼も厚く、政府の拉致問題解決に向けた動きを活発化できるのではないか、加えて、北朝鮮の対応次第では北朝鮮に対する経済制裁発動も具体化する可能性があるでしょう。しかし、拉致問題解決に強硬な姿勢を見せていた安倍氏が閣内に入ることで、拉致問題解決に消極的な小泉首相に影響される形で、安倍氏の強硬論が封じ込まれ、国民にとっては最悪の拉致問題棚上げによる北朝鮮との国交正常化交渉開始という事態も想定されます。安倍氏の入閣によって拉致問題解決に期待が高まりますが、今後彼の言説が一貫性を持つのか、それとも、変節していくのか、注視していきたいと思います。 
 
 もう一人の次期総理候補、麻生氏は外務大臣になりましたね。これも評価できるのではないでしょうか。これまでの言説からすると、歴史観・国家観もそれほどぶれが見えませんから、前外務大臣の町村氏よりも更に期待が持てそうです。外国からの圧力(特にシナ、韓国)に屈することなく、正論を言い続けてほしいものです。

 谷垣氏は留任のようです。あまり印象がないのでコメントありません。経済通のようですが、国家観はどうなのでしょうか。

 福田氏は入閣を事前に固辞していたとのこと。福田氏は靖国神社に代る国立追悼施設建設の急先鋒でしたね。靖国神社についての持論はあるでしょうが、シナ韓国のお先棒を担いでいると思われても仕方ないでしょう。とはいっても、次期総理候補から脱落した訳ではないでしょうから、油断は禁物です。福田氏は評価していません。

 総務大臣になった竹中氏、小泉内閣のシンボルですね。決して良い意味ではないです。小泉首相のパシリ役を今回も遺憾なく発揮してくれることでしょう。民間から大臣になったかと思えば、小泉首相の鶴の一声で参議院議員に立候補。以後も小泉内閣ではずっと大臣であり続けている彼ですが、小泉首相の意のままに動くロボットと化していますな。どこかの国のエージェントじゃないかと揶揄もされているようですが、どうも信用できないなぁ。

 あと、気になるところと言えば、経済産業大臣の二階氏。東シナ海のガス田問題を抱えており、シナに対する対応が注目されますが、親シナとも言われている二階氏がどこまで国益を賭けて、シナに対し毅然とした姿勢を貫けるのか、ちと不安ですな。
 国土交通大臣の北側氏は留任。公明党はどのポストでも願い下げです。
 最後に少子化・男女共同参画の特命担当大臣として猪口氏。記者会見を見ても顔から笑みがこぼれていましたな。正直言って気色悪いです。自分に酔っている様がありありと見えて、鼻につきました。ナルシストに間違いないでしょう。
 この人「人間の安全保障とジェンダー」という、戦争の犠牲者とジェンダー(性差)を関連させるという奇妙な論理を展開されており、私の理解を超えています。過激なジェンダーフリーを言い出さないだろうか、気がかりです。

小泉首相の任期も残りわずか。内閣の任期も同じくです。「改革継続内閣」をスローガンとしているようですが、構造改革を別として、外国人地方参政権、人権擁護法、皇室典範改正等、国家の存亡にかかわる重要な法案成立もしくは法改正されてしまう懸念があります。
小泉内閣の唱える改革には改悪と言ってもいい内容も含まれています。改革でも「良い改革」「悪い改革」の見極めが国民に求められます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。