Tempus Fugit~光陰矢のごとし~

日々思っていること、興味のあること書き連ねようと思います。

2005/12 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2005/12 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2005/12 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2005/12 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2005/12 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 更新が滞っておりました。今日は短めに。

 「中国は有史以来の平和国家」 外務省副報道局長

中国外務省の秦剛副報道局長は13日の定例会見で、「歴史上、中国は他国を侵略したことはない」と言明、中国が有史以来一貫して平和国家だったと強調した。

 副報道局長は日本の政治家による「中国脅威論」に対し「中国人民は常に平和を尊ぶ伝統を持ってきた」と反論。逆に「日本は領土で中国の25分の1、人口で10分の1しかないのに強大な軍事費を維持している。日本の目的は何なのか」と批判した。

 中国は1949年の共産党政権誕生以来、50年の朝鮮戦争、62年の中印国境紛争、69年の中ソ国境紛争、79年の中越紛争など数多くの軍事紛争を経験している。(共同)


 いつもの如く、どの面下げて「平和国家」と言えるのですかね。?しかも「歴史上、中国は他国を侵略したことはない」とは開いた口が塞がりません。腹抱えて笑ってしまいますね。
 また、単純にシナと日本の領土と人口を比較して、日本脅威論を唱えたところで世界には相手にされないでしょう。
 むしろ、日本の左翼陣営こそ日本脅威論に与するような主張をしているような気がします。

 シナの歴史は「侵略の歴史」と言っても過言ではありません。にもかかわらずこのような物言いは逆に褒めてやりたいくらいです。日本の政治家もこのくらいのふてぶてしさが欲しいくらいですね。

 今回の前原発言に限っては評価してもいいでしょう。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。