Tempus Fugit~光陰矢のごとし~

日々思っていること、興味のあること書き連ねようと思います。

2005/12 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2005/12 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2005/12 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2005/12 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2005/12 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ウクライナの戦術核250発が行方不明?

インターファクス通信によると、ウクライナで1990年代に大量の兵器が国外に密輸された疑惑を調査している同国議会調査委員会は、92年から97年までに320億ドル(約3兆6800億円)相当の兵器が違法に持ち出されたことを明らかにした。

 セルゲイ・シンチェンコ委員長が議会に報告したもので、この中には約250発の戦術核弾頭も含まれている。

 旧ソ連崩壊後、ウクライナにあった核兵器はすべてロシアに移送されたといわれる。しかし、ウクライナが引き渡した戦術核の数とロシアが受領した数に250発の差があり、これらの弾頭の行方は不明という。


 もし本当に250発もの戦術核弾頭がテロリスト等の手に渡っているとすれば?末恐ろしいことです。
 
 疑惑の時期から今日まで様々な形のテロが行われていますが、未だに核が用いられたことはありません。この疑惑は単なる疑惑に過ぎないのでしょうか?それとも、テロリストでさえ核を使用することに対する後ろめたさがあるのでしょうか?そのよう良心があればそもそもテロなど起こすはずもないような気がしますが・・・。

 オウム真理教による化学兵器テロに続き、今後テロに核が用いられるような時代になるのでしょうか?

 恐ろしすぎる。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。