Tempus Fugit~光陰矢のごとし~

日々思っていること、興味のあること書き連ねようと思います。

2006/01 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2006/01 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2006/01 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2006/01 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2006/01 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 女系天皇反対に反論 首相「議論すれば分かる」

小泉純一郎首相は27日夕、女系天皇を容認する皇室典範改正案への反対論について「女系天皇を認めないということは、仮に愛子さまが天皇になられた場合、そのお子さまが男でも認めないということだ。それを分かって反対しているのか」と反論した。
 首相は「よく議論していけば、この改正は必要だと分かってもらえる」と、今国会で改正案成立を図る方針に変わりがないことを強調した。
 反対派議員を“抵抗勢力”と位置付けるかについては「いや、それは議員個人個人の意見でしょう」と述べた。官邸で記者団の質問に答えた。
 安倍晋三官房長官は同日午後の記者会見で、自民党の青木幹雄参院議員会長らが改正案の国会提出に慎重対応を求めたことに「改正案作成後、自民党の部会や総務会、公明党でも議論してもらうことになる。了承が得られれば提出したい」と述べ、与党の了承を得た上で提出する方針を示した


 もう終わってますね。彼は・・・。

 愛子様が結婚して出来たお子様がたとえ男の子であっても、女系男子。男系継承を貫いてきたこれまでの歴史や伝統から、有識者会議の報告書に基づく皇室典範改正に反対していると言っている人間にとって、愛子様のお子様が男の子であっても認められるわけはないでしょうが。 

 歴史や伝統の価値を分からない人間故の怖さがありますね。小泉という人間は・・・。分かっていないのはお前や。
 それでいて自民党大会では「日本の歴史や伝統」という言葉を使い演説をしていましたが、小泉氏のいう日本の歴史や伝統って何?

 ここまで馬鹿な人間には何を言っても無駄なような気がしてきました。
 
 彼ならやってしまいかねない。郵政民営化の時と同じように。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。