Tempus Fugit~光陰矢のごとし~

日々思っていること、興味のあること書き連ねようと思います。

2006/01 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2006/01 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2006/01 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2006/01 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2006/01 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 昨日、皇室典範改悪阻止!!関西集会に参加しました。

 このような集会に参加するのは生まれて初めてです。何分初めてで、組織的な動員をかけれられた訳でもなく、チャンネル桜の告知を見て参加したのですが・・・。

 入り口は人で一杯。エレベーターの前に人が行列を作っていました。仕方なく、非常階段で会場へ。やはり来ている人は、お歳を召した人が多いなぁと。

 私は幸い座席に座ることが出来ましたが、会場は満杯で立ち見の方も沢山おられました。想像していた以上に参加者が多く、皇室典範改正に対して危機意識を持っている人達が多いのだと実感しました。キャパは300人だったので、300人は優に超えていましたね。

 基調講演は高崎経済大学の八木秀次先生がされました。講演の内容はこれまでにも皇室典範改正の問題点として指摘されてきたものばかりでしたので、すでに分かっていることも多かったのですが、同じ考えを共有する方達と一緒に講演を聴かせていただき、大変意義深いものを感じました。
 ただ、内容は小泉チルドレン達(83回)に八木先生が講演した内容とほぼ同じということで、国会議員の認識もその程度なのだと、改めて実感。国会議員ですらこれですから、巷の国民に世論調査をしたところで、その結果を皇室典範改正の正統性を与える根拠にはとても出来ないでしょう。

 皇室の事を何も分かっていない小泉のような人間に、有識者会議の報告書に基づく皇室典範改正をされてはたまったものではありません。微力ながら私も力になれればという思いを再認識した集会でした。出来ることからしていこう。

 会場にはテレビ掲示板で司会をされている、あの河内屋さんも来られていました。お声を掛けたかったのですが、恐縮してしまって。

 チャンネル桜も撮影に来ていたのかな?
 後日放送されるのかなぁ?
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。