Tempus Fugit~光陰矢のごとし~

日々思っていること、興味のあること書き連ねようと思います。

2006/02 | 12345678910111213141516171819202122232425262728

2006/02 | 12345678910111213141516171819202122232425262728

2006/02 | 12345678910111213141516171819202122232425262728

2006/02 | 12345678910111213141516171819202122232425262728

2006/02 | 12345678910111213141516171819202122232425262728

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 「中国、脅威ではない」政府答弁書を決定

政府は31日の閣議で、「中国を脅威と認識しているわけではない」とする答弁書を決定した。

 麻生外相らが中国を脅威とみなす発言をしているが、政府としては従来通りの見解を確認した。社民党の照屋寛徳衆院議員の質問主意書に答えた。

 答弁書は「脅威」について、「侵略し得る『能力』と侵略しようとする『意図』が結びついて顕在化するもの」と定義。その上で、1972年の日中共同声明や78年の日中平和友好条約で、「両国が、すべての紛争を平和的手段により解決し、武力または武力による威嚇に訴えないことを確認」しているため、「中国が日本侵略の『意図』を持っているとは考えていない」との見解を示した。

 一方で、中国の国防予算が17年連続で2けたの伸び率となっている点を指摘し、「中国が軍事面における透明性を向上させることが重要」と懸念を示した。


 脅威の定義については、答弁書の通り「侵略し得る『能力』と侵略しようとする『意図』が結びついて顕在化するもの」であることは明白ですが、それ当てはまらない根拠に日中平和友好条約の文言を引用するとはおかしな話です。それほどまでにシナを脅威として認識することにまずいことでもあるのでしょうか?妙に勘ぐってしまいたくもなりますね。
 ここ最近のシナの動きを見れば、侵略する能力(軍事力)も増大しており、侵略意図は能力以上に大きくなっているように見えます(尖閣諸島だとか潜水艦の領海侵犯、東シナ海ガス田開発、日本の排他的経済水域の海洋調査等々)。これらの客観的な事実を見れば、昔の紙切れを持ってきて脅威ではないと答弁するには無理があるというものでしょう。

 政府の立場としてこう言わざるを得ないのかもしれないけど、昨今のシナを取り巻く状況と答弁書はどう見ても整合性取れませんよ。

 もうちょっとうまい表現の仕方がなかったものでしょうか?

 それとも脅威と認識すれば、それ相応の対応を日本政府が迫られ、それを避けないという意図があるのか・・。
スポンサーサイト
 皇位継承 旧宮家復帰、強く支持 寛仁さま、女帝の問題点ご指摘

女性天皇と女系による皇位継承を容認した有識者会議の報告書に基づき、政府が皇室典範改正案の今国会提出を目指している問題で、寛仁(ともひと)親王殿下は産経新聞社の単独インタビューに応じ、女系容認に改めて反対するとともに、女系の前段階である女性天皇即位の問題点を指摘された。その上で、男系男子維持のため旧宮家を皇籍復帰させる案について「声を大にして言っておきたい」と強く支持された。

 寛仁さまは、父方をたどっても天皇につながらない女系「天皇」の容認について「(国民が)正統性を認めるだろうか」とご批判。女系「天皇」を生む女性天皇について「女性天皇を認めれば女系に移る」とした上で、過去の女性天皇がいずれも未亡人か生涯独身だったことなどに触れ、世論調査はこうした伝統を十分説明した上で行うべきだとの見解を示された。

 皇統維持策として、GHQ(連合国軍総司令部)の圧力で皇籍を離脱した旧宮家を復帰させることは「決して不自然なことではない」「そういう方策があるということを声を大にして言っておきたい」と強調。

 有識者会議が旧宮家の皇籍復帰を「国民の理解と支持を得ることは難しい」として排除したことに対しては、愛子さまが皇位継承者となり、歴史上前例のない「女性天皇の配偶者」が陛下と呼ばれることのほうが違和感があると反論された。

 さらに「あらゆる手を尽くした上でも次の世代が女性ばかりだったという状況になれば、そのときに女帝・女系の議論に入ればいい」と述べ、皇太子さまの次の代の天皇について、愛子さま以外の選択肢をまず模索すべきだと示唆された。



 小泉首相を初めとする政府及び宮内庁の人達にはこのご発言に耳を傾けるべきです

 また、皇室典範改正の問題について、安倍官房長官は政府の立場に立った発言に終始していますが、これほど重大な事柄について、手をこまねいて見ているのでしょうか?安倍官房長官の発言には秘策が隠されているという見方もできますが、どうなのでしょうか?

 おそらく、今回の皇室典範改正には安倍官房長官も反対のはず。行動に移して貰いたいと淡い期待を持っていますが。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。