Tempus Fugit~光陰矢のごとし~

日々思っていること、興味のあること書き連ねようと思います。

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 衆議院選挙は自民党の圧勝に終わりました。
 
 自民党は単独過半数を占め、公明党を併せて3分の2以上の議席を衆議院で獲得しました。対する民主党は惨敗に終わり、岡田代表の憔悴しきった表情が印象的でした。

 今回の選挙は小泉首相が設定した争点、「郵政民営化」「官から民へ」という分かりやすいキャッチコピーが国民に受け入れられたんだと思いますが、どれほどの国民が争点の中身について理解した上で投票したのだろうかと考えると甚だ疑問です。
 
 また、小泉首相は自ら「郵政民営化」というある種のブームを作り出し、そのブームに乗り遅れまいと流行のものに国民は飛びついたという側面もあるような感がしてなりません。確かに小泉首相は首相になるかなり前から「郵政民営化」ということを唱え続けていましたが、政治家は勿論、国民だって最近まで小泉首相のいう郵政民営化に賛成していたとはとても思えませんが・・・。小泉首相の状況を一変させる力というのはある意味感嘆させられますけどね。

 しかし、今回自民党が取った選挙の手法は到底容認できるものではありませんでした。知名度を重視し、これまでの自民党の理念を相反する考えを持った人物もかなり多く、特に初当選した小泉チルドレン達がこれからの自民党にどのような影響を及ぼしていくのか、正直不安を抱かざるを得ません。

 今回の選挙は自民党が単独過半数を占めたわけですが、公明党との関係を解消するとはとても思えませんし、逆に自民党と公明党との協力がより緊密化したことによる選挙結果と見るなら、今まで以上に自民党の政策が公明党の影響を受け、自民党が公明党化していく恐れがあるという危惧もあります。特に外国人地方参政権付与の問題には注目しておくべきでしょう。
 
 今回の選挙結果が保守陣営に取って、国家の安全保障や憲法改正等の喫緊の課題をクリアしていく好機と捉えることもできますが、これまでの小泉首相の言動等を見ていくと、我々の思い描いているような状況にはなかなかなりそうにもありません。

 民主党にしろ自民党にしろ、真の保守を標榜する政党になってほしいと思いますし、それが無理なら保守思想を持つ国民の受け皿となるような真性保守政党の出現を願って止みません。

 これって国民に結構受けると思うんだけどなぁ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tempusfugit.blog5.fc2.com/tb.php/100-beef6030
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。