Tempus Fugit~光陰矢のごとし~

日々思っていること、興味のあること書き連ねようと思います。

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 小泉首相、靖国神社を参拝…昇殿・記帳せず

小泉首相は17日午前、東京・九段北の靖国神社を参拝した。首相は就任以来、年1回の参拝を事実上の公約としており、今回が5回目。内閣の最重要課題である郵政民営化関連法が14日に成立したことを踏まえ、17日からの靖国神社の秋季例大祭に合わせて参拝に踏み切った。

 首相は、本殿には昇らずに拝殿前の参拝にとどめ、記帳もしなかった。国内外の批判などに配慮し、「私的参拝」の色彩を強めたと見られる。

 しかし、靖国参拝中止を求めてきた中国、韓国は強く反発しており、今後の外交日程にも影響が出そうだ。


 「適切に判断する」と言い続けてきた小泉首相がようやく靖国神社に参拝しました。内外からの圧力を受けながらも、参拝を行ったことについては最低限の評価をしていいでしょう。ただ、管理人は小泉氏の自民党総裁選における公約を片時も忘れたことはありません。その意味で言えば、満足できる結果とはとても言えませんね。

 また、参拝の仕方については、中韓の批判を交わすためや大阪高裁の判断(判決ではない)を配慮したのか、本殿には昇らずに記帳もぜずに拝殿前でおもむろにポケットから賽銭を出し、さい銭箱にお金を入れ、30秒間ほど手を合わせた後、再び一礼していましたが、何か後ろめたさを感じながらの参拝という印象を与え、姑息な感は否めませんでした。

 もう中韓の理解を得ようとすることは止めませんか?
 いくら中韓の配慮をにじませ参拝の方法を変えたところで、彼らの批判が収まるわけはありません。まして靖国参拝を首相がやめたところで、中韓との問題が全て解決する訳があろうはずがないでしょう。いくら懇切丁寧に靖国参拝の意味について説明したところで、彼らが国というレベルで靖国参拝を理解することは未来永劫ないように思います。
 したがって、中韓の理解を求めるのではなく、正々堂々と参拝し続ける他ありません。例えどのような批判さにさらされてもね。とは言いつつ、批判の声が聞こえてくるのはシナと韓国だけからですけど・・・。
 
 それにしても毎年恒例のマスコミ報道は酷いですね。常に視野に入れているのはシナであり韓国。オオカミ少年のごとく、今回の参拝で天地がひっくり返るくらいの誇張の仕方で煽りに煽っていたのが印象的でした。
 中韓のみの批判をアジアの反発と置き換え、大阪高裁の違憲判断を違憲判決と誤解させるようにし向け、靖国参拝が中韓との関係悪化の元凶だというミスリードの繰り返しには憤りを憶える共に「お前等日本人か?」と問いかけたくりましたね。

 中韓のリアクションは次ぎの通り

 靖国参拝に中韓反発、関係悪化は必至の情勢

小泉首相が17日午前、東京・九段北の靖国神社を参拝したことは、中国、韓国の強い反発を招いた。

 小泉首相は、靖国参拝について、不戦の誓いと戦没者への敬意を表したいとの立場を強調した。

 しかし、李肇星中国外相が阿南惟茂・駐中国大使を呼んで強く抗議したほか、韓国も12月に予定されていた日韓首脳会談の先送りを示唆するなど、中韓両国と関係がさらに悪化するのは必至の情勢だ。


 シナは神舟6号の帰還を靖国参拝で台無しにされたと相当お怒りのようです。面子をつぶされて彼らは苦虫を噛んでいることでしょう。とは言いつつも、小泉首相が神舟6号を念頭に入れてた訳はないでしょうが・・・。(笑)
 シナ政府は靖国問題をどしどし取り上げて反日を多いに煽って頂きたいですね。ただ、それがシナ政府が一番恐れていることでしょうから、彼らも舵取りが難しいでしょう。靖国参拝への批判を緩めれば、国内で弱腰と言われ、批判を強めれば反日が反政府へと転換する危うさを抱えてます。日本が靖国参拝で蒙る不利益以上にシナにもたらす政治的・経済的不利益も大きいと思いませんか?靖国問題をクローズアップさせることで困るのはもはやシナの側なのです。

 しかし、シナとの間には東シナ海のガス田開発、歴史認識、尖閣諸島や6カ国協議等々の日本の安全保障上見過ごすことの出来ない問題が山積しています。こういった問題については決しておざなりにしてはいけません。外務省はシナに対して及び腰にならず以上の問題提起をし続けないといけません。

 韓国について・・・批判している意味が分かりませんが。相手にしないのが一番でしょう。

 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tempusfugit.blog5.fc2.com/tb.php/113-addb9299
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
小泉首相が靖国神社を参拝した。予想したとおり、中国、韓国が反応した。{/face_ikari/}また、日本の野党は相も変わらず、小泉首相を批判。連立与党も参拝の賛否が分かれている。なぜこんなにも靖国参拝を批判するのか。{/eq_1/}きょうは、マスコミやブロガー諸兄が主張して
2005/10/18(火) 18:49:46 | 閑話ノート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。