Tempus Fugit~光陰矢のごとし~

日々思っていること、興味のあること書き連ねようと思います。

2017/04 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/04 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/04 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/04 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/04 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/04 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 皇位継承は長子優先で一致…皇室典範会議

小泉首相の私的諮問機関「皇室典範に関する有識者会議」(座長=吉川弘之・元東大学長)は21日の第16回会合で、皇室典範の改正に関する報告書の概要を決めた。女性・女系天皇を認めるとともに、皇位継承順位は、男女を問わず出生順に決まる「長子優先」とすることで一致した。女性皇族が結婚後も皇室に残り、宮家を創設できるようにすることも決めた。24日に小泉首相に報告書を提出する。これを受け、政府は来年の通常国会に皇室典範の改正案を提出し、成立を目指す方針だ。

 吉川座長は21日の会合後の記者会見で、皇位継承順位を「長子優先」とする理由について、「国民が、(長子を)将来の天皇として、幼少のころから期待を込めて見守ることができる。安定性も優れている」と述べた。最後まで検討対象になっていた「兄弟姉妹間での男子優先」案に関しては、「(女子が先に生まれた場合)皇位継承者が不確定な期間が長くなる。不安定な制度は好ましくない」と結論づけた。


 いよいよ今月24日に報告書が小泉首相に提出されます。
 記者会見をする吉川座長を見ると、腸が煮えくりかえりました。そこには皇室の伝統や歴史を根本から変えてしまう大事を行っているという認識はなく、皇室典範という一つの法律を改正するに過ぎないという思いがあるのではないだろうかと画面から伺えました。
 もはや有識者会議に期待をすることは出来ません。

 マスコミの反応も有識者会議が出すであろう報告書の内容に異議を唱える論調はそれほど見られません。
 インターネットの世界、特に保守系ブログにおいては議論となっている問題ですが、インターネットに縁遠い国民にはこの問題がそれほど浸透しているとは言えない状況ですが、良識的な国民であればこの皇室典範改正がいかに日本にとって危機をもたらすものであるかを理解できるでしょう。それには広く国民の議論を呼び起こすような仕掛けが必要となってきます。

 このまま放置しておけば、報告書の提出を受け小泉首相は一気に皇室典範改正を進めてしまう危うさを抱えています。
 拙速な皇室典範改正は必ず国民の手によって阻止しないといけません。

 旧宮家の方からも動きが出てきました。

 竹の間―竹田恒泰のホームページから

 旧皇族は皇籍復帰覚悟を

 上記サイト管理人の竹田恒泰さんは旧皇族竹田家のご子孫です。また、このタイムリーな時期に「皇室たちの真実」という書籍を刊行されますので、今後大きな議論に発展するものと期待しております。
 それと、朝日新聞の記事にあるような竹田さんのご発言は心強いかぎりです。
 皇室の伝統を守り続けるための一番望ましい形が旧皇族の皇籍復帰でしょう。
 現状を踏まえると、旧皇族の皇籍復帰ハードルは高いかもしれませんが、案外と国民のコンセンサスを得られるかもしれません。良識ある国民であれば重要性を理解できるのではないかという期待もあります。
 繰り返しになりますが、それには国民世論の喚起が必須でしょう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
皇室典範の改正論議は、男系の天皇家維持の方策の検討が不十分である。崩御皇位継承・宮家復活・摂政天皇などの再考である。
現皇太子妃は雅子様・紀子様とも若いのだ今後、皇子が誕生しないとも限らない。その時、再度改正とはいかない。
何よりも「皇室の人権」を考慮すべきである。皇族も人間である。人間としての幸せを持つ権利を持っておられるはずだ。
天皇は、日本の伝統中の伝統である。実は現皇位継承者第1位の浩宮。第2位の秋篠宮の2人の妃の旧性に不思議を思う。
12~3年前、いたずら書きし乍ら電話していて偶然気がついた。大和田雅子、川島紀子の名前をひらがなで書いて並べると、
                 お わ だ ま さ こ
                  × × × × ×
                 か わ し ま き こ
これだけだが、皇位継承の第1・2位の立場の天皇家の長男と次男の嫁である。不思議な因縁を感じるのは自分だけだろうか。
国民の歴史・文化・伝統などを正しい歴史観に基づき、正しく伝承することは国家の責任である。

2005/12/26(月) 00:50:45 | URL | 神龍一門協力会 #-[ 編集]
女系外国系天皇が日本国に誕生したら嬉しいか
遠い先の心配であるが、女性天皇に「道鏡のような問題」が起こったらどうするか。
それも、日本人ならばともかくとして、外国人の道鏡が現れて道鏡で終わらなかった場合、日本国の天皇は女系外国系天皇となる。


2006/01/07(土) 18:51:09 | URL | 神龍一門協力会 #Q0njHh5g[ 編集]
住宅建材
2008/09/14(日) 16:28:38 | URL | #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2009/08/06(木) 06:21:24 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2009/08/06(木) 20:49:23 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2009/08/20(木) 18:16:35 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tempusfugit.blog5.fc2.com/tb.php/139-b9e0a4aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 さてさて。ニュースは相変わらず特亜かな?と思ったら、日本内の日本人でない方々の方がうるさい模様?  ・「無防備地域」宣言 国防協力を拒否? 21自治体、条例化へ署名運動 ………………。苦笑、失笑、嘲笑の嵐ですわ。ここに答があるし。  今月13日/...
2005/11/22(火) 17:23:04 |  ◆ ケシクズ ◆
万世一系にトドメをさした皇室典範に関する有識者会議
2005/11/22(火) 19:06:13 | 日々雑感
小泉首相の諮問機関である「皇室典範に関する有識者会議」がどうやら「男女にかかわらず長子優先」という結論を出したようです。この問題はどう転ぶかわからなかったので最後まで様子見だったのですが、この結論には全く賛同出来ません。 ・選考の経緯不明の10人だけによ
2005/11/22(火) 19:09:16 | 曇りのち晴れ
いよいよ小泉は、次回の通常国会に皇室典範改正、いやさ女系天皇の道を開く為の「日本亡国シナリオ」を断固として上程すると決定した様です。専横壟断の末、国民を騙して権力を奪取した小泉クーデター政権に日本人はNOの声を挙げるべきです!
2005/11/22(火) 19:38:09 | 三輪のレッドアラート!
Yahoo!ニュース - 読売新聞 - 皇位継承は「長子優先」で一致…皇室典範会議 小泉首相の私的諮問機関「皇室典範に関する有識者会議」(座長=吉川弘之・元東大学長)は21日の第16回会合で、皇室典範の改正に関する報告書の概要を決めた。 女性・女系天皇を認める....
2005/11/22(火) 21:28:09 | なんか良さげなあれこれと日々なんとなく思うこと
「女系」天皇容認に批判も-愛子さまの「次」で:サンスポ 皇位継承順位が男女を問わず天皇の長子(第1子)を優先する「長子優先」案に変更された場合、皇太子さまの次に愛子さま、さらにそのお子さまが皇位を継ぐ道が開ける。将来、愛子さまが民間男性と結婚、そのお子さ.
2005/11/22(火) 22:28:43 | アジアの真実
御先祖さまが守り続けてきた、世界最古の王朝がいま、断絶させられようとしています。歴史にも伝統にも無関心・無知識な少数の人たちが密室での会議で重大な決定をしてしまいました。 私には 「法隆寺を燃やせ」 「奈良の大仏を溶かせ」 「人間国宝を殺せ」 そう言ってい
2005/11/23(水) 22:44:39 | 日々雑感
私の本名のほうの家名は橘だが、系図によると、橘家は敏達天皇(推古天皇の兄)からでたことになっている。ということは、系図を信ずれば、私の血にも神武天皇のY染色体が流れているということなのである。この一事をもってしても、神武天皇のY染色体を持つ男性などその辺に
2005/12/01(木) 06:25:45 | Y染色体の使者
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。