Tempus Fugit~光陰矢のごとし~

日々思っていること、興味のあること書き連ねようと思います。

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 今年は教科書採択の年ですが、扶桑社の教科書に噛み付いている輩がいます。
 産経新聞より

新しい歴史教科書をつくる会のメンバーらが執筆している扶桑社の中学校歴史・公民教科書を批判している高嶋伸欣琉球大教授らが11日、文部科学省が検定中の同社の白表紙本(検定申請本)が流出しているとして東京都内で記者会見し、入手した全文のコピーを「貸与」名目で報道陣に配布した。会見には中国や韓国のメディアも出席しており、内容は両国政府に伝わるとみられる。

 高嶋教授らは「研究者などから見せてほしいという要請があれば応じる」と公表を続ける意思を表明。入手先について「各地の教育委員会に流出しているものを手に入れた」とした。


 この高嶋という教授は、白表紙本を扶桑社が宣伝活動をしていると批判していますが、本当でしょうか?
 前回の検定の際も、検定中に扶桑社の白表紙本が流出し、問題となりましたが、これは扶桑社の教科書に反対する陣営が入手したものをばら撒いていたらしいですね。
 今回についても扶桑社が宣伝活動を行っているとは思えないのですが・・・。扶桑社および扶桑社の教科書を貶めようという意図がありありです。
 それと、この教授「研究者などから見せてほしいという要請があれば応じる」言っていますが、この白表紙本が流出していることを問題視しているにもかかわらず、己がばら撒いているんですよ。とにかく、扶桑社の教科書を批判することと、中韓朝にいち早くお知らせする目的なんでしょうね。

 早速こんな記事も出ています。(朝鮮日報)
 

政府「日本の右翼教科書、政府レベルの対策班構成」

李揆亨(イ・ギュヒョン)外交通商部スポークスマンは11日、日本の極右団体である「新しい歴史教科書をつくる会」(以下つくる会)による歪曲教科書検定申請について、「政府は今後、政府レベルの対策班を構成し、必要な措置を講じていく予定」と述べた。



 いわゆるマッチポンプ発動ですかね。

 それと誰が白表紙本を流しているんでしょうかね。やはり文科省内部の人間の中に左翼スパイが紛れ込んでいるのでしょうか。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tempusfugit.blog5.fc2.com/tb.php/14-c5e37148
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
扶桑社の白表\紙本はどのようなルートで流出したのか? ヒロさんも興味がある。そこで、前回の教科書採択(2001年)に白表\紙本の検定に関わった経験ある方の証言を聞いてみよう。
2005/03/15(火) 08:35:32 | ヒロさん日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。