Tempus Fugit~光陰矢のごとし~

日々思っていること、興味のあること書き連ねようと思います。

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 自民50年「改革の党」強調、新憲法草案を発表

自民党は22日午前、東京・高輪の新高輪プリンスホテルで、「立党50年記念党大会」を開いた。

 同党は1955年11月15日に、自由党と日本民主党の保守合同により誕生した。小泉首相(総裁)は演説で、先の衆院選での自民党大勝について、「50年の実績と、これからの改革意欲に期待する声で、大きな責任を感じている」と振り返った。

 そのうえで、「日本の近代政治史で奇跡とも言える大きな改革は、明治維新の改革と、敗戦で灰燼(かいじん)に帰した日本の発展だが、国民に大きな犠牲を強いた。平和のうちに世界の変化に対応できる改革をするかが、政権政党である我々の責務だ」と述べ、構造改革路線を継続し、「改革の党」として進む決意を強調した。

 武部幹事長が、「世界平和の実現に貢献」などをうたった新理念と、「新憲法制定」「教育基本法改正」「小さな政府実現」などを目指す新綱領を正式発表した。党本部が選挙区支部解散を行えるようにするための党則改正案を説明、了承された。

 党新憲法起草委員会委員長の森前首相は、「自衛軍」の保持を明記し、プライバシー権、環境権など新しい権利を盛り込んだ新憲法草案を発表した。

 閉幕にあたり、行財政改革や党改革への決意をうたった「立党50年宣言」を採択。9月の衆院選で初当選した新人衆院議員83人を代表して、杉村太蔵氏が宣言を読み上げ、自民党の変化を印象付けた。


 時の人、杉村タイゾー君が「立党50年宣言」を読み上げた自民党の立党50年記念党大会。マスコミの煽りを逆手にとって、党の広告塔として杉村君を利用している自民党もしたたかですね。

 党大会に併せて新憲法草案も発表されました。

 自民党新憲法草案

 自民党が草案を出したことで、憲法改正論議に拍車がかかるものと思われます。いずれにしても、この草案がベースとなっていくだろうと想像できますが。 

 気になる点ははやり9条ですね。
 第9条1項を一言一句変えなかった事。平和主義は結構ですが、国防のためには武器を持って立ち上がらなければならない時があるでしょう。これではいくら憲法が改正されたところで、憲法からの呪縛は解けそうもありません。戦争放棄の条項を残しては、憲法改正の意味が無に帰してしますように思えてなりません。
 次ぎに、第9条2項。奥歯にものが挟まったような「自衛軍」という表現。「国防軍」とか「陸・海・空軍」といった表現が出来なかったのでしょうか。自衛隊は英語表記で「JAPAN SELF DIFENCE FORCE」、自衛分となっても英語表記は「JAPAN SELF DIFENCE FORCE」。同じなんですね。まぁ、「自衛軍」が日本国の軍隊として明確に位置づけられますから、これ自体は歓迎すべきことですが、新憲法草案の第9条を見ると現行憲法の思想をそのまま受け継いでいるように感じられます。

 日本国憲法はGHQが占領下において日本に押しつけたものです。「自主憲法制定」が自民党の党是であれば、それにふさわしい憲法草案にしていただきたかったですね。
 日本国憲法の制定経緯を思うと、現行憲法をベースとして憲法改正すること自体が、日本国としての自主性を喪失していると思います。
 
 憲法改正を実現させるためのレールに乗せるほど、自主性が薄まっていく矛盾を抱えています。難しいですね。  
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
2008/09/13(土) 21:39:40 | URL | #-[ 編集]
ストラップ総合案内所
ストラップの検索サイト。携帯ストラップ、ペアストラップ、オリジナル、グッチ、マカロンなどストラップに関する各種情報をお届けしています。 http://manuscript.tallmadgetitan.com/
2008/12/04(木) 05:24:24 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tempusfugit.blog5.fc2.com/tb.php/140-9ddd3ee6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
へっぶしんのニュースや日記です。憲法改正の限界について調べてたのですが、さまざまな論があり、まとめるのが厳しそうです。憲法改正の無限界説憲法の条文に上下は無く、憲法の改正に限界が無いとする説。限界説憲法の改正が及ばない範囲について、さまざまに主....
2005/11/24(木) 17:47:14 | へっぶしんのニュースや日記
まったくもって、ブログ更新の予定が狂ってしまった。月曜日から昨日まで日本半縦断の出張となってしまい、折角の姉歯建築設計の構造計算偽造問題の続きと極悪非道教師・増田都子関連の続報が遅れてしまったことは残念である。今日は、姉歯関連から一つ。問題と...
2005/11/25(金) 02:31:29 | 百年祭りの観察
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。