Tempus Fugit~光陰矢のごとし~

日々思っていること、興味のあること書き連ねようと思います。

2017/04 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/04 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/04 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/04 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/04 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/04 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 「女性・女系天皇は不可欠」有識者会議が報告書

皇位継承の在り方を検討してきた小泉首相の私的諮問機関「皇室典範に関する有識者会議」(座長=吉川弘之・元東大学長)は24日、女性天皇と、その子・孫(女系)の天皇即位を容認する報告書をまとめ、小泉首相に提出した。

 報告書は「皇位の安定的な継承を維持するためには、女性天皇・女系天皇へのみちを開くことが不可欠だ」と明記した。皇位継承順位は、男女を問わず、天皇の第1子から出生順に定める「長子優先」とした。これまでの男系男子による皇位継承を抜本的に変える内容となっている。

 小泉首相は同日夜、首相官邸で記者団に「大変意義深い報告だ。来年の通常国会に法案提出する準備を進めていかなければならない」と述べ、報告書を踏まえた皇室典範改正案を提出する意向を示した。

 吉川座長は記者会見で、「中長期に通用する制度を作ったつもりだ。ただちに実行して欲しい」と述べ、皇太子ご夫妻に男子が誕生しても、長子である愛子さまの継承順位を優先させるべきだとの考えを示した。

 報告書では、男系男子による皇位継承について、「皇位の安定的継承は極めて困難だ。男系による継承を貫こうとすることは、伝統としての世襲そのものを危うくする結果をもたらす」として、皇位継承者不在の事態を招きかねないと強調している。女性・女系天皇容認の理由としては、〈1〉現在よりも格段に安定的な制度となる〈2〉国民の間で支持する素地が形成されている――などを挙げた。


 皇室典範改正に対する有識者会議の報告書が小泉首相へ提出されました。結論は勿論「女性天皇・女系天皇」容認、「長子優先」とする内容です。
 マスコミ各社もこのニュースを報道していましたが、目にしたテレビは一様に有識者会議の報告書によって「女性・女系天皇」と「長子優先」が決定したかのような報道ぶりでしたね。
 この話題をさらっと取り上げるマスコミの報道姿勢を見ていると、虫ずが走るというか何とも言えない不快感、やるせなさを感じながら怒りを持って画面を見てしまいます。
 小泉首相も「大変意義深い報告だ。来年の通常国会に法案提出する準備を進めていかなければならない」と有識者会議の報告書に満足の様子。そりゃ自分で選んだ私的な諮問機関ですから、このような報告書が出されることを事前に見通していたとしか思えないですね。彼の性格からして突っ走る可能性が十分考えられますし、与党の圧倒的多数という政治状況も皇室典範が容易に改正されてしまう可能性が懸念されます。

 皇室典範:有識者会議報告書に与野党幹部コメント

▽武部勤・自民党幹事長 大変意義深い報告が出された。評価したい。広く国民の声を聞いて成案をまとめ、次の国会で実現できればと願っている。(女性・女系天皇の容認は)いいことだ。

 ▽市田忠義・共産党書記局長 天皇が男性という合理的な根拠はなく、女性・女系天皇を認めることは賛成だ。(長子優先は)吟味したい。法案(皇室典範改正案)への対応は皇族が増えるという問題などもあるので、詳細をよく検討したい。

 ▽福島瑞穂・社民党党首 男性しか天皇になるのを認めないのは、男女平等の観点から間違っている。天皇制はどうあるべきかの議論はあるが、法案には基本的に賛成だ。ただ、女性天皇を認めれば宮家が増える。予算の問題もあり、上限設定などの工夫が必要だ。

 ▽冬柴鉄三・公明党幹事長 有識者会議が、男系か女系かなど問題とされていた点を十分に調べたうえで結論を出したのだから、答申内容はそのまま立法化すべきだ。いろいろ議論すべきものではない。

 ▽鳩山由紀夫・民主党幹事長 将来女性天皇が誕生する可能性が開かれた。その方向は尊重されるべきだと思う。長子優先か男子優先かの議論は、党としてまだ意見をまとめていない。焦眉(しょうび)の急だという議論でもない。慎重な判断も必要だ。


 与野党幹部のコメントが平成日本のなれの果てなのかもしれません。
 このコメントを見ると、暗澹たる思いにさせられます。来年の国会で皇室典範改正が何ら議論されることなく通過してしまいそうで・・・。この先どうなるのでしょうか。

 武部幹事長は小泉首相のイエスマン振りを発揮し、小泉首相の受け売りに終始。
 そもそも天皇制(言葉はコミンテルンが作った造語)自体を反対している共産党の市田氏などがコメントしていること自体、お笑いなのですが、天皇制を否定している人物が評価するような報告書なら、内容の是非は言うまでもないでしょう。
 男女平等という価値観を皇室に当てはめ評価している社民党の福島氏。本音はこいつも天皇制反対でしょうに。
 外国人地方参政権付与に拘りつづける公明党の冬柴氏は「答申内容はそのまま立法化すべきだ。いろいろ議論すべきものではない」とほざいていますが、議論の必要ないとはお宅等何のための国会議員なんでしょうね。余程報告書に対する池田大作の評価が高いのでしょうか。国民を代表しているという意識など露ほどもないのでしょう。見つめる視線は池田大作であり、特定アジアでしょうか?

 何故にこのような「皇室典範改正」を急ぐのか?
 それには何らか意図があるとしか思えません。秋篠宮ご夫妻や皇太子ご夫妻に男子のお子様が産まれない内に「女性・女系天皇」「長子優先」容認の皇室典範改正をする必要があるのかもしれません。
 もし男子のお子様が生まれた場合、どうするのでしょうか?拙速に改正することが何かを企む人間達の思惑なのかもしれません。
 なぜ旧皇族の皇籍復帰は全く考慮されないのか?宮家の増加による国庫の負担増加が、それを認めない要因と言われていましたが、今回の報告書では女性皇族にも結婚後も皇族に残ることにし、宮家創設を認めるということですから、国庫負担増は理由にならないはず。
 結果だけを見てみると、有識者会議やその周辺、小泉首相は男系を維持する気など毛頭ないということです。皇室の伝統である男系男子による皇位継承という歴史的事実に何ら頓着しない気質なのでしょう。
 皇室典範も「改革」の名の下にいとも簡単に変えられてしまいそうです。

 「女性天皇」を国民の6割強は容認するとの世論調査もあり、予断を許さない状況でしょう。残された時間は長くはありません。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
憂国の士よ たて!
皇位継承問題について私が完璧な解決法を提示いたしましょう。
どうしても男系でなきゃだめだとするなら「側室制度」の復活しかありません。ウン!
本妻がだめならおめかけさんに男子を産ませる。
これはまことに日本の伝統にのっとった格式豊かで合理的な解決法です。
なんたって過去の天皇の半数近くは「非嫡出子」ですから。
ぜんぜん問題ナッシング!!
こうやって天皇家は男系を維持してきたんだから愛国心豊かな皆さんも
声高に「おめかけさん」制度の復活を叫びましょう!!
なぜ男系天皇制を主張する皆さんがこの「おめかけさん」制度を主張しないのか不思議です。
2005/11/26(土) 01:02:30 | URL | 大王 #-[ 編集]
独占禁止法と30代,40代の転職
独占禁止法とは、正式には「私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律」と呼び、1947年に制定された http://miyuki.rcrane4law.com/
2008/12/03(水) 07:26:00 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tempusfugit.blog5.fc2.com/tb.php/141-0b829ce5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 小泉純一郎首相の私的諮問機関「皇室典範に関する有識者会議」(座長・吉川弘之元東京大学長)は24日、女性・女系天皇の容認を柱にした報告書をまとめ、首相に提出した。女性・女系容認は「社会の変化に対応しながら、多くの国民が支持する象徴天皇制の安定的継続を可..
2005/11/27(日) 00:50:33 | 浮世
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。