Tempus Fugit~光陰矢のごとし~

日々思っていること、興味のあること書き連ねようと思います。

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 新憲法で自衛軍の保持明記、公明幹事長代行が反対

与野党の憲法問題担当者が27日、NHKの番組で、先に自民党が発表した新憲法草案について議論した。

 公明党の太田昭宏幹事長代行は、同草案の9条改正案で「自衛軍」の保持を明記した点について、「賛成しかねる。9条1項、2項は堅持すべきだ」と述べた。

 民主党の枝野幸男憲法調査会長は、「(憲法上は)何でもできるようにし、(現実には)法律で歯止めをかけるのでは、憲法はいらなくなる」と批判した。

 一方、憲法改正の手続きを定める国民投票法案について、自民党の舛添要一氏が、議員立法として自公民3党で合意し、来年の通常国会に提出したいと述べたのに対し、太田、枝野両氏は、共産、社民も加えて全会一致を目指すべきだとの考えを強調した。


 たまたま見ていました、この番組。
 このようなレベルの議論をしていて憲法改正など本当に実現できるのでしょうか?
 自民党の新憲法改正案ですら生ぬるいと言わざるをえないと考えますが、自衛隊を軍隊として位置づけることすら認めないという公明党の姿勢を見ると、この党が与党なのかと疑いたくもなりますが、妙に納得してしまう感もあります。
 公明党はそもそも憲法改正に消極的であり、憲法改正と言いながら、現行憲法を変えることなく「加憲」するという考え方だったと思いますから、所詮この程度の認識でしかないのでしょう。
 国民の過半数が憲法改正に賛成している状況に阿り、憲法改正を党の政策としてあげているのでしょうが、それは公明党の本音ではないでしょう。それなら馬鹿の一つ覚えのよう「護憲」を言い続けている社民党や共産党の方がましなように思います。そういう意味では公明党は国民をうまく騙していると言ってもいいでしょう。

 憲法改正の主たる目的は9条の改正にあるはずではないですか。9条をそのままの形で残すということは、一体どのような憲法改正なのでしょうか?9条を残したままの憲法改正など改正に値しないと言っても言い過ぎではありません。
 与党間ですらこのような状態ですから、民主党との摺り合わせなど不可能と言わざるを得ないでしょう。

 妥協に妥協を重ねた結果、9条をそのまま残し、新たな権利などを書き加えた形で憲法改正を行うなら、そのような改正は行わないほうがいいように思います。

 戦後民主主義に胡座をかいて惰眠をむさぼる余裕はないはず。自衛隊を軍隊とすら規定できない、この国の政治家は終わっていますね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
おかき通販
おかきの検索サイト。作り方、開拓おかき、高山、京都、播磨屋などおかきに関する各種情報をお届けしています。 http://gallery.hartmerrell.com/
2008/11/30(日) 10:20:57 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tempusfugit.blog5.fc2.com/tb.php/144-2a8b13bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
憲法改正の論議が国民の間で徐々に高まっていますが、改正内容そのものを議論する前に、私達国民にはやらなければならないことがあります。本日(11月27日)のNHK日曜討論で、憲法改正問題について各政党の憲法問題の責任者による討論が行われました。その中から、憲法の3章「
2005/11/29(火) 23:25:12 | 斜45°
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。