Tempus Fugit~光陰矢のごとし~

日々思っていること、興味のあること書き連ねようと思います。

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 日朝政府間対話、24・25日に北京で

安倍官房長官は21日午前の記者会見で、年内開催で調整していた次回日朝政府間対話を24、25日に北京で開くことを明らかにした。

 日本は11月の前回対話で、〈1〉拉致問題〈2〉ミサイルや核問題などの安全保障問題〈3〉「過去の清算」を含む国交正常化――についてそれぞれ協議の場を設け、三つを並行して協議するよう提案しており、北朝鮮側から前向きな回答を得たい考えだ。

 これに関し、安倍長官は「提案に対する北朝鮮側の回答を求め、協議の進め方について議論することになる。拉致問題についてしっかり私たちの要求に応えてもらいたい」と述べた。


 日本からの強い求めに応じて北朝鮮がしぶしぶ対話に認めたという格好なのでしょうか?
 安倍官房長官になったとはいえ、拉致問題の進展は全く望めそうもありません。
 日本側が強く「拉致被害者の帰国」や「特定失踪者問題の解決」を求めたところで、拉致問題解決の必要性を認識させるような仕掛けはなんらありません。ひたすら「解決せよ」と言ったところで、北朝鮮は何の痛みも感じないでしょう。

 禅問答のようなやり取りに終始しているだけの北朝鮮との対話。

 拉致問題解決の為の対話というよりも、対話継続のための対話になり、手段が目的と化しているようにも思えます。対話できる相手と考える事自体終わっています。対話で拉致被害者を取り戻せると考えることはナイーブ過ぎます。

 北朝鮮が狙っているのは経済支援と過去の清算。相手の術中にはまらないとも限りません。

 結局「拉致問題の解決」と求めたけども、「調査する」という北朝鮮の言質しか取れない結果に終わってしまうのでしょうね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
通訳者を目指して30代,40代で転職
通訳者は、2国間の言葉に通じた、国際交流の橋渡し役 http://returner.rcrane4law.com/
2008/11/17(月) 05:54:34 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tempusfugit.blog5.fc2.com/tb.php/154-2ecfdbcf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。