Tempus Fugit~光陰矢のごとし~

日々思っていること、興味のあること書き連ねようと思います。

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 いよいよこの土曜日からJリーグが開幕する。
地元チームのヴィッセル神戸も6日の対セレッソ大阪からシーズンの幕を開ける。
運営会社が代わった割には、消極的な戦力補強に終わった感は否めないが、毎度おなじみの降格争いだけは避けてもらいたいものだ。
 早速気がかりな事が神戸新聞の記事より。

本拠地での今季初練習で、懸案だった芝生の状態について選手からは「ピッチが良くない。真ん中は硬く、サイドが柔らかい」など、不安の声が挙がった。


 今年に入り通気をよくするための工事を行ったようだが、根本的な解決には至っていない模様。可動式の屋根がネックになっているのではないだろうか。
 あと、中盤の要ホルヴィのコンディションが気がかりだ。神戸の中盤は彼の存在抜きには語れない。早くコンディションを戻し、チームに復帰してほしい。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2008/12/13(土) 05:58:06 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tempusfugit.blog5.fc2.com/tb.php/2-90f33751
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。