Tempus Fugit~光陰矢のごとし~

日々思っていること、興味のあること書き連ねようと思います。

2017/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 日本1-2イラン
引き分けには持ち込めると思ったのですが、甘かったです。
 試合経過についてはこちら
 試合序盤、思ったほどの猛攻をイランが仕掛けてこなかったのは意外でしたが、時間が経過するにつけ、ボールを支配されだしました。空中戦でもかなり日本は劣勢だったし、要注意人物のマハダビキアに対しては、二人がかりでも止められず、突破を許していましたね。
 イランの一点目はアンラッキーな面もありましたが、日本は右サイドを案外有効に使って攻撃をしていたように思います。ただし、如何せんフォワードの玉田、高原の所でボールが落ち着かず、相手守備陣を崩しきる場面はありませんでしたね。ここで確実にボールキープし、味方にボールを預けられていれば、もっと効果的な攻撃ができたのでないかと思います。いつものことなのですが・・・。
 後半は前半よりも若干攻撃的にしたのか、攻めあがる機会が多くなり、フォワードの玉田を柳沢に変えてから、ゲームの流れがよくなり、福西のゴールで追いつきます。
 同点に追いついた後、日本がゲームを支配するようになり、なんとなく、同点にできた安堵感等から、一瞬集中力が途切れたように見えた瞬間、ハシェミアンに2点目を入れられ、引き離されてしまいます。
 その後、小笠原、大黒を投入しますが、あっけなく負けてしまいました。
 全体的な感想としては、日本選手が一対一でことごとく負けていたこと。高原はピンポン玉のようにボールを弾いていたこと。高原はなんら攻撃に寄与していなかったですね。中田ヒデは随所に良いパスを供給していましたが、危ない場面でボールを奪われていたことも多かったこと。あと、腹が立ったことは交代で入った小笠原がなんら効果的な動きもなく、ボールがきてもすぐに掻っさらわれる場面がほとんどだった。肝心なときに全く役に立たない選手ですね。どういう動きが求められているのか分かっているのでしょうか。
 あと4試合で2位に入るには、勝ち点が最低9は欲しいところです。となると、あと3勝が必要ですね。
 まだ半分も終わっていないのですから、あきらめるにはまだまだ早すぎます。3位でも可能性はあるのですから、必要以上に悲観的になることはありませんが、次のバーレーン戦は是非とも勝って勝ち点3が欲しいですね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tempusfugit.blog5.fc2.com/tb.php/30-a524abf8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 2006年FIFAワールドカップサッカードイツ大会のアジア地区最終予選、最大のライバル・イランとの大一番だ。10万人?12万人とも言われる完全アウェーの中での大事な第2戦。さて日本の出来は?タレントの宝庫イランの強さは?注目の一戦は、イランのきっちりした攻撃の前に常
2005/03/26(土) 13:32:13 | 気ままなNotes...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。