Tempus Fugit~光陰矢のごとし~

日々思っていること、興味のあること書き連ねようと思います。

2017/04 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/04 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/04 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/04 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/04 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/04 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 日韓外相会談が行われました
 竹島の記述、削除要求 町村氏は冷静対応促す 日韓外相会談
 

町村信孝外相は7日、訪問先のイスラマバードで韓国の潘基文外交通商相と会談した。潘氏は、島根県議会の「竹島の日」条例制定や教科書検定を「青少年に歪曲(わいきょく)した歴史を教え込もうとしている。韓国国民は憤怒している」と激しく非難して竹島関連の記述を教科書から削除するよう要求。町村氏は拒否し冷静な対応を促した。ただ、両外相は首脳会談を予定通り年2回行うことを確認、小泉純一郎首相が6、7月に訪韓する方向で日程調整することになった。

会談は同市内のホテルで1時間半にわたった。町村氏は韓国側の批判に対し「このような状態がいつまでも続くのは日韓両国の将来によくない。今日の会談を正常化への貴重な第一歩になるようにしたい」と表明。記述削除の求めには「適正なプロセスを経ており、削除、修正を編集者に求めることはできない」と突っぱねた。


 会談をしたものの、両者の話が噛み合うはずもなく、平行線で終わったということですが、日本側の受身な姿勢は一向に改まる気配はありません。日本政府にも本当にいい加減「臭いものには蓋」はやめてもらいたいです。
 確かに、日韓関係が拗れる問題に真正面から向き合うことなく、「友好友好」と当たり障りの無いことを言ってれば、楽ですが、竹島の不法占拠という国家主権の侵害行為をそのまま放置してていいわけありません。上辺だけの友好によって、竹島を取り戻せると思っているのなら、日本政府も頭おかしいですね。
 教科書の内容を日本政府が勝手に変更することが出来ないことは、いくら馬鹿な韓国でも分かっていると思いたいですが、自らの精神状態を正常に保つためには、怒りをぶちまける必要があったのでしょうかね。韓国政府及び韓国国民には、もっともっとエスカレートしていただき、どうぞ遠慮せずに経済交流もどんどんお辞めいただきたいものです。
 相変わらず、町村外相も村山談話踏襲でした。

 飯島がドイツ紙のインタビューに応じる

 盧大統領「「日本の態度は人類社会の普遍的価値にそぐわない」
 

「日本の態度は人類社会が共に追求すべき普遍的価値にそぐわない」とし、「侵略と加害の過去を栄光と考える人たちと一緒に生きるのは全世界にとって大きな不幸」と強く批判した発言が目に付いた。


 普遍的価値にそぐわない態度を取っているのは、あんたでしょうが。日本がことさら、過去の歴史を栄光視しようと思っているのではなく、歴史的な事実の見直しに過ぎないのですが。(過去、歪められた歴史を教えられていましたからね)
 

「米国はこれまでいくつか感情的な表現を示してはいるが、北朝鮮に対して、いかなる攻撃的な行動も取る考えがないという点をはっきりさせた」とし、米国の柔軟性を評価した。


 アメリカはこんな約束したんですか。知りませんでした。韓国の勝手な思い込み、希望的観測ではないですか。北も南も同じ穴のムジナですから、攻撃してほしくないのかもしれませんが、北と南ってまだ戦争が終結したわけではないですよね。
 南北統一の事にも触れているようですが、EU型の国家連合などありえないでしょう。政治的には南が北に飲み込まれていくのではないですか。まぁ、南側の人間がそれを望めばそうすればいいでしょうが、となると日本は安全保障政策を根本的に考え直さないといけないでしょうね。韓国という緩衝地帯がなくなるわけですから。核を持ち、日本にとっての敵国となる統一朝鮮が誕生する可能性があるのですから。
 統一ができれば、在日朝鮮人、韓国人には祖国へお帰りいただくのが筋というもんでしょ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tempusfugit.blog5.fc2.com/tb.php/45-4207facf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 最初に告知。明後日10日に藤沢産業センター8階で、第10回「拉致被害者と家族の人権を考える市民集会~拉致を語らずして人権を語るなかれ~」が開催されます。横田さん御夫妻をはじめ、小川晴久・守る会名誉共同代表、砂川昌順・元外務事務官が講師をなさいます。詳細はこ.
2005/04/09(土) 08:12:27 | log
『読売新聞(05/04/08)』日韓外相会談-関係改善への第一歩にしたい 国家主権にかかわる領土や教科書検定の問題で、容易に接点など見いだせるはずがない。いたずらに対立をあおれば、日韓関係を損ねてしまう。その結果、北朝鮮の核開発問題や日韓のFTA交渉など、重要な
2005/04/09(土) 14:10:01 | =社説は語る=
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。