Tempus Fugit~光陰矢のごとし~

日々思っていること、興味のあること書き連ねようと思います。

2017/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 またまた、朝日新聞がご注進記事を出した模様。

 

文部科学省の下村博文政務官は6日、東京都内で地方議員らを前に講演し、中山文科相の昨年11月の「歴史教科書から従軍慰安婦や強制連行という言葉が減って良かった」との発言を支持する考えを明らかにした。中山氏は発言直後に批判を受け、「個人的な考え方についての発言は控える」との考えを示している。

 下村氏は講演の中で、韓国の国会議員に対して「私は大臣の発言を支持する」と伝えたことを紹介。この時のやりとりを自らのホームページで公表したところ、文科省職員から失言で辞めた歴代大臣のリストを示され、記述の撤回を求められたことを明らかにした。下村氏は「役所は事なかれ主義だ」と文科省側の対応を批判した。

 また、下村氏は近隣諸国との歴史的な関係について配慮を求めた教科書検定基準の「近隣諸国条項」を批判して「自虐史観の教育が行われていることを『看過できない』と議員連盟を作った」と述べたうえで「7、8月に(06年度から使用する中学校教科書の)採択がある。正常な形で正しく採択されるようにしていただきたい」と語った。 (03/06 23:37)



 青色の文字に注目。
 許せないことは、またしても売国官僚がまたぞろ動き出していること。「竹島の日」条例制定に対して、文句を付けてきた外務官僚しかり、国益を第一に考える立場の官僚がこのような発言をするのは一体何だろうか・・・。
 「従軍慰安婦」なるもののデタラメさが、様々な検証によって明らかになっている中、依然「従軍慰安婦」問題が朝日やNHK等によって、既成事実であるかのごとく論じられ、今回の政治家の発言を鬼のクビを取ったよう報じるメディア。

 中山大臣の発言も修正を余儀なくされ、細田官房長官も慰安婦なる女性に面会し、謝罪させられる始末。
 「従軍慰安婦」問題をここまで大きくさせた元凶は、やはり河野談話にある。国の名誉に関わる問題について、足して二で割るような事があってはならない。
 
 

 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tempusfugit.blog5.fc2.com/tb.php/6-2bbee4ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。