Tempus Fugit~光陰矢のごとし~

日々思っていること、興味のあること書き連ねようと思います。

2017/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 過去のエントリーでも扶桑社の歴史教科書を外国語に翻訳すべきだと書きましたが、現実のものとなりました

(全文引用)
 つくる会 英訳で教科書説明 中韓記者ら100人に
 

新しい歴史教科書をつくる会の八木秀次会長と藤岡信勝副会長が十日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で記者会見し、今春検定に合格した扶桑社の歴史・公民教科書について外国人記者の“追及”に答えた。欧米や中国、韓国の記者ら約百人が出席。同社歴史教科書の近現代史部分の英訳が配布された。

 韓国人記者が「性奴隷(慰安婦)や誘拐(強制連行)について隠しているのはなぜか」と強い口調で質問したのに対し、藤岡副会長は(1)以前は韓国の教科書も慰安婦について書いていなかった(2)今回検定に合格した全社の教科書から「慰安婦」の文言がなくなった(3)それは「慰安婦の強制連行」に証拠がないことが明らかになったからだ-と説明した。

 英国人記者が「教育関係者はつくる会に感謝しているはずなのに、なぜ前回の採択でほとんど使われなかったのか」と尋ねると、八木会長は「皆さんには信じられないかもしれないが、日本の教育界ではマルクス・レーニン主義がいまだに力を持っていて、国民の感覚との間に大きなギャップがある」と述べた。

 「扶桑社教科書は南京事件を書いていない」など誤解に基づく質問も多く、八木会長は「海外に正確な広報を行うのは本来は文部科学省の仕事だ」と話した。つくる会は同日、扶桑社歴史教科書の中国関係部分の中国語訳をホームページに掲載。英語、韓国語についても順次掲載する。


 会見の模様はビデオニュース・ドットコムでも視聴できますが、昨日のチャンネル桜報道ワイド日本でも放映していました。
 「性奴隷(慰安婦)や誘拐(強制連行)について隠しているのはなぜか」という質問からも、扶桑社の教科書はもちろん、他社の教科書の内容も把握しないまま、臆面もなく公式の会見で質問する記者たちの不勉強さには思いやられましたね。特に韓国人記者は殊更興奮しており、事前の下調べもせずに強い口調で質問している姿を見ると「痛いなぁ」と思わざるを得ませんでした。
 韓国やシナの政治家でさえ、まともに日本の歴史教科書を読まないまま、イメージ戦略を取って扶桑社の教科書を攻撃しているのですから、ぶっちゃけ教科書の内容などどうでもよくて、兎に角日本叩きが第一の目的なんでしょうね。
 事実、扶桑社の歴史教科書が検定に合格した当初、シナや韓国からの批判がありましたが、内容に関しては、嘘や誇張、歪曲された内容にはなっていないし、戦争を美化するものでもありませんから、シナや韓国は扶桑社に対する攻め手を失っている状態だそうです。(近隣諸国条項があるために、扶桑社の歴史教科書も相当骨抜きにされているという指摘もあります)
 先日のアジアアフリカ会議での小泉首相の謝罪や町村外相がシナや韓国の外相達と会談する際にも、ひたすら「お詫び」を言い続け、シナや韓国の歴史認識をそのまま受け入れている状況です。
 シナや韓国の言い分をそのまま受け入れることが日本の国益に叶うという考えありますが、管理人はその立場を取りません。少なくともシナや韓国が唱える歴史認識に明らかの誤りがある以上、その点を日本は追求し、国際世論にもシナや韓国の歴史認識の不当性を訴えるべきだと考えます。事実でないことまで、シナや韓国の言い分を受け入れてきた結果、どれほどの国益を損ねてきたか計り知れないのではないでしょうか。
 つくる会会長の八木氏も述べていますが、先の戦争に対する誤った歴史認識がシナや韓国のプロパガンダによって定着しつつある今日、国際世論に向かって歴史認識に対する日本の立場を訴えるためにも、教科書の内容や教科書制度について、外国語に翻訳し広めていくことは意味のあることです。
 それと共に繰り返しになりますが、「近隣諸国条項」を破棄することが避けて通れないと考えます。
 歴史認識に関して、シナや韓国、国内にいる左翼勢力等と「情報戦」を日本は行っていと認識すべきです。この戦いに勝利するか敗北するかによって、今後の日本の運命を大きく左右することは間違いありません。
 当ブログも微力ながらお役に立てればいいと考えています。
  
 参考ブログ
 遠藤浩一覚書
 酔夢ing Voice
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tempusfugit.blog5.fc2.com/tb.php/69-be0bd083
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。