Tempus Fugit~光陰矢のごとし~

日々思っていること、興味のあること書き連ねようと思います。

2017/04 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/04 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/04 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/04 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/04 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/04 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 以前のエントリーでも取り上げましたが、「竹島の日」条例制定に関して、またまた外務官僚が妨害工作をしている模様です。

日本の領土で韓国が領有権を主張する竹島(韓国名・独島)について同県議会の議員連盟が「竹島の日」を制定する条例案を提出した問題で、外務省から、澄田信義知事と宮隅啓県議会議長あてに、条例案提出後の韓国内の反応を列記した文書が送られていたことが9日、分かった。


 毎度毎度、足を引っ張ることをやってくれますなぁ・・・。
 韓国の反応がどうのこうの、知ったことではありません。竹島の不当な韓国による占領を許している現状を放置していながら、不作為を決め込んでいる外務省が取り組まなければならない事を、地方が行おうとすると、妨害するという有様は一体何なのでしょうか?

 ひょっとして、竹島はもう日本の領土ではないと外務省は考えているのではないでしょうね。

 韓国が毎度のリアクションを起こしています。

韓国の潘基文外交通商相は9日の定例会見で、日韓両国が領有権を主張する竹島(韓国名・独島)問題に触れ、島根県議会に提出された「竹島の日」条例案や、日本の教科書検定の行方などに強い懸念を表明、「(日本側が)誠意を積極的に示すことを期待している」と訴えた。


 韓国は条例制定や教科書検定の行方に何を怯えているのでしょうかね。韓国マスコミは竹島が自国の領土だとの主張を裏付けているという報道を行っていますが、完全に墓穴を掘っている状況です。
 この韓国の報道の詳細はこちらのアジアの真実さんのブログを参照下さい。

 自分達の主張にそれほど自信があるのなら、国際司法裁判所で争いましょうよ。こちらは逃げも隠れもしませんから・・・。
 「(日本側が)誠意を積極的に示すことを期待している」とい言いぐさは毎度の反応ですが、詰まるところ、「ウリの言い分をそのまま受け入れろ」ということなのです。彼らは韓国の主張をそのまま受け入れることを求めているわけですが、韓国が行っている竹島の実効支配そのものが誠意ある対応と言えるのでしょうか。
 ほんとおかしな国ですね。

 朝日が竹島に急接近しています。
 竹島問題をクローズアップさせるために一役買っていますね、朝日が。
 ヘリを使って強行着陸してほしかったです。(笑)

 朝日新聞の軽飛行機が竹島に接近した件について

 偶然に発生した問題なのでしょうか?
 朝日の確信犯的な行為のような気がしてきました。

 1.朝日新聞が軽飛行機を竹島周辺へ
 2.韓国が設定している防空識別圏に朝日機が接近
 3.韓国空軍による警告
 4.朝日機、警告を受け引き返す
 5.韓国政府抗議
 6.朝日による謝罪

 この話、出来すぎじゃないですかね。
 朝日が韓国と結託して行ったと疑いたくもなります。
 一連の流れを見ると、竹島が韓国の領土であるかのように思わせるやり取り(上記3,5,6)があり、それを既成事実化させる意図があるのではないでしょうか。
 それを狙った今回の件だと思わないですか?
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tempusfugit.blog5.fc2.com/tb.php/9-84748c69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
■島根県議会、「竹島の日」制定条例案を可決 (NIKKEI NET) ■「竹島の
2005/03/10(木) 23:11:20 | troll
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。