Tempus Fugit~光陰矢のごとし~

日々思っていること、興味のあること書き連ねようと思います。

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



大東亜戦争の真実―東条英機宣誓供述書



 発売前から注目していたこの本を入手し、ようやく読み終えました。

 大東亜戦争は自衛ための戦いだったことは認識していましたが、開戦当時の内閣総理大臣であった東條首相の供述書を読むと、自衛の為に戦かわざるを得なかった苦悩が伝わってきます。

 管理人は歴史に対してまだまだ無知ですから、本書を通じて、戦前の日本を知るためのいいきっかけになりそうです。当時の政治体制を含め知識欲が沸いてきた感です。

 本書を見ると、現在日本を覆っている大東亜戦争(アメリカの言う太平洋戦争)に対する捉え方(侵略戦争や植民地支配や共同謀議)など、およそ考えられない荒唐無稽な認識だということが分かるのではないでしょうか。

 東京裁判で提出されたこの供述書に嘘や偽りは無いと思います。管理人は東條首相の供述を信じたいと思います。

 必読の価値ありです。

 
 

 
 
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tempusfugit.blog5.fc2.com/tb.php/91-a9f9a957
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。