Tempus Fugit~光陰矢のごとし~

日々思っていること、興味のあること書き連ねようと思います。

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自民党:安倍氏、非公認・城内氏に「必勝メッセージ」

郵政民営化法案に反対し自民党非公認となった衆院静岡7区の無所属前職、城内実氏の総決起集会が7日夜、静岡県浜松市で開かれ、安倍晋三同党幹事長代理に頼まれて応援に来たという天川由記子・水戸短大助教授が「安倍氏から『何としても勝ってほしい。(自民党公認の)片山さつき氏の応援には絶対行かない』というメッセージを預かってきた」と語った。

 城内氏は森派に所属し、安倍氏の側近として活動してきた。天川氏はさらに「安倍氏は『城内氏をいずれ(自民党に)戻すつもりだ』と言っていた」とも記者団に明かした。


 安倍氏の複雑な心境が垣間見えます。

 北朝鮮やシナの脅威が顕在化している中で、軍事に関する知識を付け焼き刃程度に身につけ、さも分かった風な物言いで防衛予算の大幅削減をつきつけた、財務省の主計官だったあの片山さつきが自民党の公認候補になり、知名度のある女性候補者をぞくぞくと擁立した自民党のやり方は、正直辟易すると同時に危機感を抱かざるを得ません。

 どれだけ志をもって政治家になっている人間がいいるのか甚だ疑問ですが、誰かから選挙に出るように要請されて、それにほいほい乗って立候補するような人間に自分なりの哲学を持って日本の国益のために、公僕として国民に奉仕する気持ちなどおよそ持ち合わせていないでしょう。所詮売名行為にしかすぎないと思います。

 そんな候補者が言うことと言えば、判で押したように「改革、改革」のみ。改革を唱えれば国民の支持が得られるとでも思っているのか、所詮徹夜で郵政民営化を勉強して、泥縄敷きに有権者に訴えているに過ぎないでしょう。

 同じような事象は過去にありました。おたかさんブームです。その時も沸いて出たようにマドンナ旋風が巻き起こりました。今回の選挙は当時を彷彿とさせるものがあります。マドンナ旋風に乗って当選した議員が発した「政策についてはこれから勉強します」という言葉。恐れ入ったものでした。

 安倍晋三氏もそんな違和感を持っているのではないでしょうか。
 城内実氏と言えば、人権擁護法案に反対した急先鋒でした。安倍氏も同じく同法案に反対していましたし、森派の同士として志は同じなのでしょう。

 
 どうも今の自民党は異常としか思えません。
 将来的に安倍氏の力で自民党を真の意味での保守政党に回帰させられるのか、それとも自民党を離党し、従来の戦後価値観を克服した保守新党を作るのか。そのほうが、国民の支持を得られやすいのではないか等々漠然と思う次第です。

 未だ誰に、どの党に投票するか決まらず。どうしようか・・・。

 

 

 
衆院選:安倍氏からの応援要請発言を否定 自民党

自民党は8日、衆院静岡7区の無所属前職、城内実氏が7日に開いた集会で同党の安倍晋三幹事長代理から「頼まれて応援に来た」と語った短大助教授の天川由記子氏に対し、発言の撤回を求める通告書を内容証明郵便で送った。安倍氏は8日夜、山口県下関市で記者団に「公認候補者以外の候補を応援することはない」と語った。



 毎日新聞に釣られてしまったようです。
 取りあえず、毎日の記事に関連したコメントは線を引かせていただきました。
 まだまだ、メディアリテラシーを身につける必要があると痛感しています。
 毎日が安倍氏を嵌めようと画策したってことないでしょうねぇ。
 

 

 
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tempusfugit.blog5.fc2.com/tb.php/97-d95e29d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
小生が、磐南総研の会員共々ご指導を仰いでいる先生の1人に藤井厳喜先生がいる。 今回は、藤井先生のホームページを紹介したい。 このホームページの圧巻は何と言っても、猛言多謝。いかにも藤井先生らしい軽妙な語り口で本質を突く。   九月六日付けの猛言多謝は、郵政
2005/09/08(木) 15:20:47 | 武士道の哀しみ
 以前のエントリーにおいて、選挙時においては「小泉ノー、安倍イエス」という論理は通用しない…という話を書きました。しかし、実のところこの論理を切り抜ける方法がひとつありまして、それは「安倍ちゃんを内閣...
2005/09/09(金) 07:01:10 | Blogになった Diary from Flower Park...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。