Tempus Fugit~光陰矢のごとし~

日々思っていること、興味のあること書き連ねようと思います。

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 この世論調査が示すものは

 日本テレビ調査 中国政府のデモ対応は「受け入れられず」約8割
 

日本テレビが週末に行った世論調査によると、反日デモに対する中国政府の対応について8割近くの人が「受け入れられない」と考えていることがわかった。

 世論調査では日本大使館の施設を破壊するなどしたデモ隊の行動を中国当局が黙認したことを「受け入れられない」と答えた人が77%に上り、「突発的な行動でやむを得ない」とした10%を大きく上回った。

 一方で、デモの背景に日本の歴史認識があると批判した中国側の主張については49%が「そうだと思う」と理解を示しており、「納得できない」とした40%を上回っている。

 さらに今後の対応については過半数に当たる51%が「日中双方で妥協点を見いだすべきだ」と冷静な対応を求めている。

 竹島の領有問題をめぐる韓国国内での反日運動についても、68%の人が「粘り強く外交交渉で解決すべきだ」と答えた。


 反日デモに対するシナ政府の対応に8割が批判的であるという結果ですが、この結果については至極妥当なものであると思います。また、反日デモによって日本領事館が投石に遭ったり、日本料理店のガラスが割られる等の破壊行為に対する怒りを、大半の日本人が共有しているようです。まぁ、物を壊したり、人に危害を加えることは誰が見ても悪いことですからね。
 ただし、反日デモの原因を日本側の「歴史認識」にあるとするシナ政府の主張を受け入れる意見が5割弱を占めております。これは大変深刻な問題であると思います。学校の歴史教育においても、日本悪玉史観が跋扈していますし、WGIPやテレビを始めとするメディアにおいて、日本を一方的に断罪してきた結果がこの数字に表れているのでしょう。また、シナや韓国の歴史認識に対するプロパガンダも有効に作用している結果とも言えます。(子どもの頃は管理人も自虐史観に染められていました)
 今後の展望についても、「日中双方で妥協点を見いだすべきだ」とか竹島問題については「粘り強く外交交渉で解決すべきだ」という意見が多かったそうな。話合いでの解決が望ましいことは、当然ですが、その姿勢が今日の状況を生み出しているんだと思うのですが。
 シナや韓国の歴史観を鵜呑みにし、無批判に受け入れてるため、日本人は去勢され、身動きが出来ない状態を示しているとも言えるでしょう。思考停止に陥っているのかもしれません。(思考する材料も持っていないのかも?)
 シナや韓国の歪曲、捏造された歴史観を覆すことは並大抵の事ではありませんが、日本人が客観的事実に基づく歴史を理解すれば、この数字もおのずと変わってくるのではないかと、ささやかな期待を持っています。このブログもそんな一助になればいいと思っています。
 シナで起こっている反日デモに怒りを覚える大半の日本人が、シナや韓国の歴史観の呪縛から解き放たれた時、「デモの背景に日本の歴史認識がある」とするシナの主張を受け入れる5割弱の日本人の考えを転換することができるのではないでしょうか。
 私も含めて、日本人は歴史を学ぶことが求められています。

 シナ当局も人民の手綱さばきが大変なようで

 反日デモで胡主席「第二の天安門」懸念 米誌報道
 

米誌ニューズウィーク(電子版)は17日、中国の胡錦涛国家主席が、北京で9日に起きた反日デモの直後に、共産党政治局常務委員会を招集、デモ拡大への懸念を表明していたと報じた。情勢に詳しい中国筋の話として伝えた。

 同誌によると、胡主席の最大の懸念は、今回のデモが1989年に起きた天安門事件の再来のような形になることだった。主席は、常務委員会の場で「(デモ拡大は)不満を表明する口実を反体制派に与えるだけだ」と話したという。


 胡錦涛も、反日デモには相当な警戒をしていたんですね。シナ政府が主導した反日教育の成果が現れているんですから、引くに引けない状況ですからね。反日デモを鎮圧することは、シナ政府自らの政策を否定することにありますから、なかなか大変でしょう。
 しかし、反日デモが暴動に発展するような事態になれば、シナ政府は躊躇することなく、実力行使を使って暴動を鎮圧することになるのではないでしょうか。それから先は神のみぞ知る状態です。
 結局は、今回のデモも反日教育が生み出したあだ花という感じでしょうか。
 
 
 田中真紀子がフジテレビの報道2001に出演していました。

 田中真紀子が言うことは私の想像通りの内容でした。シナ当局は反日デモを取り締まるべきと、前置きした上で、靖国神社参拝や歴史認識の対応について、日本政府、小泉首相を批判するスタンスを取っていました。真紀子がシナの走狗であることは承知していましたが、全く言っている内容がシナ政府や朝日新聞の論調と同じであり、今回のデモの責任も日本の対応にあるというんですよね、このお方。騒ぎを起こしているのはどっちの国なんでしょうか。
 真紀子の言い分は、今回の問題を沈静化させるためには、小泉首相が靖国神社参拝を取りやめることを真っ先に挙げていました。あと、相手(シナや韓国)の気持ちになって考えろと。驚いたのは、真紀子は日本がシナや韓国を植民地にして侵略し、朝鮮人を強制連行したという、シナや韓国の言い分を、自らの頭で咀嚼することなく無批判に受け入れていることでした。こんなことくらい少し勉強すれば分かるものを・・・。
 結局言いたいことは、全てシナや韓国の言い分を受け入れろということです。
 最後に、今回の反日デモの騒ぎが6カ国協議や北朝鮮に対する経済制裁へ影響する可能性も指摘されていますが、その点に関して、真紀子は拉致問題の進展が停滞していること批判し、拉致問題解決のためには、シナや韓国との関係悪化が6カ国協議や拉致問題に悪影響を及ぼしていると、したがって、シナや韓国との関係を円滑にするためにも、相手の立場に立って日本政府が対応する必要があると言っていました。これもシナや韓国に阿ればいいという考えなのです。
 お前が言えた口かと。金正男が日本で拘束されたときに、拉致問題解決の重要なカードだったにもかかわらず、半ば超法規的措置でもって、「ミサイルが飛んでくる」とかいう理由でシナへ連れて行くという愚行をしたのはあんたでしょ。
 都合の悪いことは全て忘れる性質なんでしょうね。
 しかし、田中真紀子をわざわざ出演させるフジテレビもどうにかしてないですか。マスコミが真紀子を再び持ち上げようとしているのでしょうか。こいつの本性は明らかになっているというのに。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。