Tempus Fugit~光陰矢のごとし~

日々思っていること、興味のあること書き連ねようと思います。

2017/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 上海総領事館員が昨年自殺、「中国が機密強要」と遺書

中国・上海の在上海日本総領事館に勤務していた40歳代の男性館員が昨年5月、中国側から外交機密に関連する情報などの提供を強要されていたとする遺書を残し、総領事館内で自殺していたことが分かった。

 外務省は館員が死亡したことは認めているが、「遺族の意向があり、詳細については話せない」としている。

 複数の政府関係者らによると、館員は、総領事館と外務省本省との間でやり取りされる公電の通信技術を担当する「電信官」だった。

 自殺後、総領事や家族などにあてた遺書が数通見つかっており、このうち総領事あての遺書の中に、中国人の男から交友関係を問題視され、総領事館の情報を提供するよう求められたという趣旨の内容が記されていたという。

 要求された項目は、総領事館に勤務する館員の氏名や、外交機密に属する文書などを上海から日本に運ぶ際に利用する航空便名――などだったといい、男は情報機関関係者だった可能性が高いとみられている。

 遺書の中に、「国を売ることはできない」などとも書かれており、館員は外交機密に関する情報は男に伝えなかったとみられる。


 朝一番に目に付いた記事。
 
 酒や金、女などで弱みを握り敵国の外交官や諜報機関に携わる人間を買収し、機密情報を盗む出す手口が世界の津々浦々で行われているのは常識です。
 この領事館員はそのようなシナの常套手段にまんまと乗ってしまったのかもしれませんね。脇の甘さを指摘されても仕方がありませんが、「国を売ることはできない」という遺書に残された言葉がせめてもの救いだとも言えます。

 外国へ勤務する公務員に対して、外務省は防諜の観点から必要最低限のレクチャーしているのでしょうか?それとも外務省自体がある国に実質的にコントロールされているのではないかと勘ぐりたくなる時もままあります。また、スパイ防止法を制定することに対しアレルギー反応を起こす人達もいます。
 情報に対する管理体制の甘さによって、どれだけ国益が損なわれているのでしょうか?考えただけでも恐ろしいです。

 今回の事案は氷山の一角でしょう、「国を売ることは出来ない」といって亡くなった今回の領事館員とは違い、国益を顧みることなく自分の利益に囚われるあまり、シナの利益のために働き、シナの利益を代弁している日本人がどれだけいるのか?想像を絶する数の日本人がシナに取り込まれているのではないでしょうか?
 一説によると、政治家がシナを訪れると1回で2000万円の現金を受け取るという話もあるくらいです。沢山の政治家がシナによってコントロールされ、日本の国益と国家の安全保障に危機的な状況を招いているの状況を見ると、シナによる周到な政治家の取り込み工作が行われていることは推して知るべしですし、政治家達の発言にそれは反映されていると見てよいでしょう。

 今回のような事態を招かないためにも国の防諜体制を早急に構築する必要があります。まずはスパイ防止法の制定が欠かせないでしょう。それにより情報漏洩の抑止を図ることと、公務員には国に対する忠誠心や帰属意識を植え付けるなど倫理面での教育が求められると思うのですが・・・。

 亡くなった領事館員は最後の一線だけは越えなかった点で評価すべきでしょうが、生きて事実を明らかにしてほしかったです。

 最後にご冥福をお祈りします。
 日中関係、「政冷経熱」が「政冷経涼」に 新華社通信

中国の国営新華社通信は19日、今年の日中関係を振り返る論評を発表した。小泉首相の靖国神社参拝によって冷え込んだ政治関係が、経済や貿易関係にも悪影響を与え、「政冷経熱」が「政冷経涼」に変わりつつあると指摘した。

 論評は、今年1~8月の中国の貿易総額が23.5%伸びたのに対し、対日貿易額は10.3%増にとどまったことを指摘。「経済的な補完性が強い中日両国の経済、貿易協力のテンポが鈍っているのは非常に残念」とした。

 日中関係は国交正常化した72年以来、最悪の「厳冬期」にあるとの認識を示し、「小泉首相が全責任を負うべきだ」とした。環境やエネルギー、安全保障などの問題で「両国が国際社会で果たすべき役割を十分に発揮できていない」と指摘した。


 勝手にほざけ。
 
 環境を悪化させ、我が国の資源を簒奪し、我が国の安全保障の脅威を与えているのはシナのそのもの。それを日本のせいだとは・・・。
 何でも人のせいにすることは知っていますけどね。

 特定アジアは全ての問題を日本のせいにするから気が楽ですなぁ。

 「政冷経涼」など遠慮せずにシナとの関係は絶対零度の関係にしてもらいたいくらいですな。

 日本はそれほどシナを必要としてますか?シナこそ日本を必要にしているのではないですか?それでも願い下げですけど・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。