Tempus Fugit~光陰矢のごとし~

日々思っていること、興味のあること書き連ねようと思います。

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 韓国、靖国参拝で懸念…日韓外相会談

【釜山=吉山一輝】アジア太平洋経済協力会議(APEC)の閣僚会議に出席するため、釜山を訪れた麻生外相は14日夜、韓国の潘基文(パン・ギムン)外交通商相と会談した。

 潘外相は小泉首相の靖国神社参拝について「日本の政治指導者が謝罪と反省をしていると韓国人が信頼できるように行動して欲しい」と述べた。そのうえで、「(首相の)靖国神社参拝は日韓関係だけではなく、北東アジア全体の未来のためにも正しくない」と懸念を表明した。一方で、「対日関係は大事だ。市場経済や民主主義の原則を共有する隣国として一緒に仕事をしていくことを期待している」とも強調した。

 これに対し、麻生外相は「日韓の友好関係に対し、誠心誠意、友好関係の促進にがんばっていきたい」と抱負を述べた上で、靖国神社参拝問題については、「小泉首相が自らの考えを述べているので、私はそれ以上は言わない」と語った。

 韓国が要望している追悼施設の建設については、潘外相が進展状況を尋ねたのに対し、麻生外相は「議員連盟や官房長官のもとで検討している。与野党で意見が分かれており、(結論を)話せる状態ではない」と述べた。麻生外相は年末に予定されていた韓国の盧武鉉大統領の来日を改めて要請したが、潘外相は明確な返答をしなかった



「日本の政治指導者が謝罪と反省をしていると韓国人が信頼できるように行動して欲しい」

 別に韓国人に信頼をしてもらおうなどどは全く思いませんが。
 大東亜戦争を日本人と一緒に戦った朝鮮半島の人間達が日本に謝罪と反省を求めること自体が滑稽です。彼らが言う日帝36年の植民地支配は植民地支配ではなく併合ですし・・・。
 植民地支配だとか戦争に対する謝罪だとか韓国人が日本に対して求める謝罪などは論理に一貫性が全くなく、倒錯しているとしか思えません。いつまでこんなことが続くのでしょうかね。

 「(首相の)靖国神社参拝は日韓関係だけではなく、北東アジア全体の未来のためにも正しくない」

 韓国政府の親中・親北朝鮮の姿勢こそ、北東アジアの安全を脅かす要因にならないでしょうか。少なくとも日本にとってはね。
 ところで、アメリカも韓国を見捨て掛けているようですから、韓国に対する過度な深入りは慎まないといけませんね。
 靖国参拝をし続けることが、北東アジアの未来とどうリンクするのか、是非論理的にお聞かせいただきたいですね。余程特定アジアの国の方が北東アジア地域の不安定要因になっているのですが・・・。

 「対日関係は大事だ。市場経済や民主主義の原則を共有する隣国として一緒に仕事をしていくことを期待している」

 韓国にとっては大事なんでしょうが、いい加減日本にまとわりつくのは止めて下さいな。
 こっちは韓国がいなくても何ら困らないし、いないほうが日本にとっては良いこと三昧ですから。
 韓国と共有できるものってあるのでしょうか?隣人とは言えあまりにも日本人のメンタリティーとかけ離れているし。顔が似ている?全然違いますよ。思考回路は全く日本人とは違います。このことは日本人がもっと理解しないといけない事でしょう。

 最後はちゃっかりと追悼施設の建設について言及しています。今は全く別の独立国家同士なのですから、内政干渉は止めましょうよ。昔の感覚で言われてもねぇ。麻生外相には「内政干渉だ」くらい言って欲しかったですな。

 詰まるところ、話のわからん奴にいくら説明しても無駄ってこと。
 日韓議員の親善サッカー、関係悪化で開催見送り

サッカー外交推進議員連盟(会長=衛藤征士郎・元防衛長官)が11月下旬にソウルで予定していた韓国の国会議員有志との親善サッカー大会が延期された。

 10月17日に小泉首相、翌18日に「みんなで靖国神社を参拝する国会議員の会」(会長=瓦力・元防衛長官)がそれぞれ靖国神社を参拝した後、韓国側の一部から、靖国神社を参拝した議員とはサッカーをしたくない、との声が出たという。このため、衛藤氏が、「こういう状況下で訪韓しても、互いに傷つく」として、羅鍾一(ラ・ジョンイル)駐日韓国大使に電話し、開催の延期を伝えた。


 スポーツに政治を持ち込まないというのは、国際的にも常識であるはず。特定アジは例外ですけどね。

 まして、国際的な常識や良識を一般の国民以上に持っていないといけない国会議員とあろう者が、自分達の目的を達成するために、靖国参拝を持ち出し、恫喝する様は見てられないですな。
 こんな程度の低い連中の相手はする必要なし。友好議連など解散してしまえばいいと思いますね。

 サッカー大会を延期した議員連盟の会長である衛藤氏の判断も賢明でしょう。ただ、今後韓国の議員からプレッシャーを掛けられて、靖国参拝を取りやめてしまうようなヘタレ議員が今後出ないことを希望しますが・・・。

 こんなくだらない大会止めてしまえば?彼らの友好は彼らの認識を全て日本が受け入れることでしか成立しないのですから。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。